ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

タグ:HGAGE

引き続きHG ガンダムAGE-2ノーマルの製作です。
200608_01
こんな感じで腰部サイドアーマー基部のポリキャップと軸が丸見えで、
リアアーマーのビームサーベル収納部の裏側も
丸見えになってるのがかなり気になるのでプラ板で蓋をして隠しました。
200608_02
こんな感じ。
ポリキャップのサイズに合わせて大体で切り出した0.5ミリのプラ板をL字状に接着し、
ヤスリで大きさを整えた後、瞬着でポリキャップに貼り付けました。
一応、貼り付けるプラ板の分だけポリキャップや軸をカットしてます。
200608_03
リアアーマー部分はこんな感じで
0.5ミリのプラ板を瞬着で貼り付けただけ。

差し込むビームサーベルの持ち手部分は
かなりピタピタサイズで塗装後は確実に剥げるので、
持ち手や差し込み部を削って余裕を持たせてます。
このあと真ん中部分の尻尾みたいなパーツの
肉抜きっぽい凹みをエポパテを埋めました。

あと、このままのスタイルでもかなりカッコ良いのだけど
もうちょっとスタイルを良くしたいと思ったので
太ももパーツ上部に1.2ミリのプラ板を接着して延長してみました。
200608_04
延長後はこんな感じ。

200521_02
こっちは延長前。
脚の延長とかやったのこれが初めてで結構不安だったんだけど
わずかな差だけど…加工前後では違ってると思います🙈

本当はスネを伸ばせたらなあと思ったんだけど、
形状が難しそうなのでそれはやめておきました‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬
代わりにシンプルな形状の太ももを延長したんですけど
結果としてはなかなか良かったです。

これで気になる箇所でなんとか出来そうな所の修正は終わったので
モールド彫り直しやヤスリがけを進めていきます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

HGAGE ガンダムAGE-2ノーマルの仮組みが終わったので
合わせ目消しや、気になったところの改修をしています。
200529_01
前腕は合わせ目消しをした後、
肘の裏側にある丸見えになっているピン、ダボを0.3ミリのプラ板で隠しました。
そのままだとダボが邪魔でプラ板がぴったり収まらないので
干渉箇所を必要なだけ削ってあります。
ここは外装の白とは色分けするつもりなので塗装後に接着します。

200529_03
前腕のハンドパーツを差し込むポリキャップが露出する構造なので、
200529_04
0.3ミリのプラ板を貼って隠しました。
プラ板を流し込みのMr.セメントSで接着した後、
瞬間接着パテで隙間を埋めました。
よく見ると面取り具合が全然整ってないんだけど、
あまり見える箇所ではないからこれでも良いかなーと🙈

続きを読む

HGAGE ガンダムAGE-2ノーマルを作っていきます。
200521_01
去年7月の再販で買いました。
今年4月にもAGEキットが再販されたけど、
まだ作りたいキットがあるしどんどんAGEの再販やって欲しいです。
HGだけじゃなくMGも🙈💦

という訳で仮組み。
200521_02
超カッコ良くて最高だった‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬
200521_03
立体物を手に取ってみて、
ここのデザインってこうなってたんだ、みたいなのが分かることがあるし
仮組みってすごく好きなんですよねえ。
パーツ構成なんかも、なるほどーみたいなのがあるし。
200521_04
頭部は後ハメ加工無しで合わせ目消しが出来る構造なのが◎
羽の基部のグレー部分も、ポリキャップではなくプラパーツだから塗装が楽で◎
だけど、後々緩くならないかは少しだけ心配。

残念なのは、腰のサイドアーマー基部のポリキャップと接続軸が丸見えなこと。

あと気になったのは肩ブロックと上腕の接続なんだけど、
肩ブロックの接続軸の丸棒に対して、上腕の軸受けが浅すぎるせいで
非常に抜け落ちやすいこと。
意図せず抜けることがあるのでちょっとストレスがあります。
軸を太くすると多少緩和出来るけど…これって個体差なのかなあ?

でもまあ、そんなのは些細なことですよ。
200521_05
俺には分かる、おまえはすげえかっけーキットだ🐺✨

第2部アセム編のOPは曲も映像も最高、大好きです。
なのでそれ風のポージングをしてみたり。

このキットは一部パーツ差し替えで変形するんですけど
その影響か腹部には可動箇所が無いんですよね(腰の回転軸のみ)。
前屈する動きが出来れば、もうちょっと近くなるんじゃないかと思うんですけど。
完成させた時もこのポーズで撮りたいな〜、出来るかな〜🙈
200521_06
変形させてストライターフォームにするとこんな感じ。
200521_07
これもなかなか良いですよ。
でも差し込む箇所とかあるし、塗装後には変形させないかもしれません🙈

前に作ったAGE-1ノーマルでも思ったけど
HGでこんなにカッコ良いんだから、MGだと相当ヤバいんじゃないですか。
はやく再販してください‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

AGE-1ノーマルの時は全塗装して作ったとはいえ、
パーツの処理なんかはかなりお手軽にやったので
今回のAGE-2ノーマルはなるべく丁寧に作っていこうと思います。
(丁寧に作る用にAGE-1ノーマル買い直しました‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬)
ガンダムAGEは大好きだから、いろいろ並べて飾りたいし。
ウルフ隊全機揃えたいし🐺✨

とりあえずは合わせ目やら何やら、パーツの処理を進めていきます。
これまで通り改造改修はほとんど出来ませんけど、
脚だけ少し伸ばしてみようと思ってます。
ちゃんと出来るか分かりませんけども。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

なるべくお手軽に作るHGAGE ガンダムAGE-1ノーマルが
先日無事に完成しました!
200521_HG_GundamAGE-1Normal_01
い〜ま〜ぎ〜んが〜をま〜た〜たぁ〜いぃ〜て〜ぇ♪
モノ〜ク〜ロのゆ〜め〜がぼ〜く〜をさぁ〜そう〜まぁ〜え〜にさ〜♪

というわけで!完成したガンダムAGE-1ノーマルで
大好きなOPシーンのポージングに挑戦してみました、いかがでしょうか(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
アセム編OP曲の「ねごと/sharp ♯」買っちゃいましたよ。
あと「Galileo Galilei/明日へ」も買っちゃいました、この2曲大好きです。
それでは立ち姿からどうぞ。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_02
こういう立ちポーズにすると
次元ビルドナックルズ「角」のMサイズに置き換えた大きな手が
すごく良い効果を出してると思います。

白の下地をグレーにしてしまったせいで最初イメージしてた白とは違ってしまったけど
全体のカラーリングとしてはなかなか上手くまとまったと思います。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_03
AGE-1ノーマルの膝裏のこの感じ、ラインが美しくて好きなんですよねえ。
他のガンダムには無い感じの特徴的なバックパックもカッコイイです。

ふくらはぎは左右分割で中央に合わせ目が出ますが、
ここは軽く削ってスジを入れてモールド化して処理しました。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_04
ドッズライフルとシールドを装備させて。
ガンダムAGE-1ノーマルは本当にカッコ良くて、大好きなガンダムになりました。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_05
シールド・腰アーマーのデカールは
ハイキューパーツのクリアデカールTHを使って自作しました。
「救世主頑駄無」の文字は冗談みたいですけど、実はかなり気に入っています。
最後にフリットが救われて本当に良かったです。
AGEはガンダムのデザインだけじゃなく、物語もすごく好きですね(ಠ .̫.̫ ಠ)
190209_HG_GundamAGE-1Normal_06
シールドの裏にも青があることに結構ギリギリになって気がつきまして
慌てて塗り分けました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ 
190209_HG_GundamAGE-1Normal_07
肩装甲は前後分割で端に寄せて合わせ目が出ますが、ふくらはぎ同様モールド化しました。
頭のAGEマーク?は付属のホイルシールをそのまま貼りました。
胸部分は塗装したんですが、もうちょっとグリーンを強くすれば良かったかも。

ドッズ ライフルに盛大なエナメル拭き取り忘れがあることに
写真を見てから気がつきました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳドッセイ!! 

続きを読む

HGAGE ガンダムAGE-1ノーマルの製作、
エアブラシによる塗装が終わったのでスミ入れをしてデカールを貼りました。
190204_01
デカールを自作したシールドはこんな感じに。
190204_02
フロントスカートにも。
ハイキューパーツのクリアデカールTH ハガキサイズを使って自作しました。
190204_03
青いパーツにはクリアブルーでスミ入れ。
190204_04
ピンクにはクリアレッドで。
190204_05
白いパーツにはライトグレーとジャーマングレーを混ぜてスミ入れしました。

パネル分割線のモールドとは違う短い「-」みたいなモールドは
スミ入れとは違ってシャバシャバに薄めていない塗料でしっかりと塗りつぶして
メリハリが出るようにしています。

そういえば今回、膝の黒い箇所の塗り分けなんですが
付属のホイルシールを使ってマスキングをしました。
マスキングテープとは違うので剥がす時少し心配だったんですけど
全然問題なく綺麗に仕上がりました、よかったです(ಠ .̫.̫ ಠ)

コーション系デカールはいつものハイキューパーツのコーションデカールのほか、
鋼魂 ディティールアップデカール グレー(AW-051)を今回初めて使いました。
薄いし文字周辺の余白が少ないし、水に浸して台紙から剥がせるようになるまでの
時間がすごく短かったのですごく使いやすかったです。
190204_06
肩やスカート裏などのチラっと裏側が見えそうなパーツは
いつもすべてエナメル塗料を使って塗りつぶしています。
色はテキトーにジャーマングレー+フラットブラックとかハルレッドとか、
つや消しで暗い色なら何でもアリみたいな。

塗り易い程度にほんの少しだけ溶剤を足す程度のこってり濃度でささっと塗るだけ。
はみ出た箇所は溶剤をつけたフィニッシュマスターや綿棒で丁寧に拭き取り。
筆ムラとか気にしないで大丈夫です、基本見えない箇所なので。
とにかくチラっと見えた時に影色になっていることが大事。
HGIBO_BarbatosLupusRex_03
180221_HG_PoweredGmCardigan_05
180806_HG_GrimoireRedBeret_09
肩やスカートの裏側が暗くなってるのが分かるでしょうか。
バルバトスは足首装甲の裏やふくらはぎの裏も塗ってます。 
影色を塗っているおかげでしっかり暗〜くなって
そのおかげで引き締まってほんの少しカッコ良く見えてくれます。

部分塗装などの成型色を活かした仕上げの場合でも簡単にできるのでオススメ。
ほとんど溶剤を使わないのでプラが割れることはほぼ無いですが、
念のためパーツを分解して塗る方が良いと思います。

この後は仕上げのトップコートを吹いて完成の予定です。
いつもですけどもこのくらいになると
最後ちゃんとカッコよくなってくれるかドキドキしてきます(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

↑このページのトップヘ