ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

タグ:HGAGE

HGAGE ガンダムAGE-2ノーマルを作っていきます。
200521_01
去年7月の再販で買いました。
今年4月にもAGEキットが再販されたけど、
まだ作りたいキットがあるしどんどんAGEの再販やって欲しいです。
HGだけじゃなくMGも🙈💦

という訳で仮組み。
200521_02
超カッコ良くて最高だった‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬
200521_03
立体物を手に取ってみて、
ここのデザインってこうなってたんだ、みたいなのが分かることがあるし
仮組みってすごく好きなんですよねえ。
パーツ構成なんかも、なるほどーみたいなのがあるし。
200521_04
頭部は後ハメ加工無しで合わせ目消しが出来る構造なのが◎
羽の基部のグレー部分も、ポリキャップではなくプラパーツだから塗装が楽で◎
だけど、後々緩くならないかは少しだけ心配。

残念なのは、腰のサイドアーマー基部のポリキャップと接続軸が丸見えなこと。

あと気になったのは肩ブロックと上腕の接続なんだけど、
肩ブロックの接続軸の丸棒に対して、上腕の軸受けが浅すぎるせいで
非常に抜け落ちやすいこと。
意図せず抜けることがあるのでちょっとストレスがあります。
軸を太くすると多少緩和出来るけど…これって個体差なのかなあ?

でもまあ、そんなのは些細なことですよ。
200521_05
俺には分かる、おまえはすげえかっけーキットだ🐺✨

第2部アセム編のOPは曲も映像も最高、大好きです。
なのでそれ風のポージングをしてみたり。

このキットは一部パーツ差し替えで変形するんですけど
その影響か腹部には可動箇所が無いんですよね(腰の回転軸のみ)。
前屈する動きが出来れば、もうちょっと近くなるんじゃないかと思うんですけど。
完成させた時もこのポーズで撮りたいな〜、出来るかな〜🙈
200521_06
変形させてストライターフォームにするとこんな感じ。
200521_07
これもなかなか良いですよ。
でも差し込む箇所とかあるし、塗装後には変形させないかもしれません🙈

前に作ったAGE-1ノーマルでも思ったけど
HGでこんなにカッコ良いんだから、MGだと相当ヤバいんじゃないですか。
はやく再販してください‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

AGE-1ノーマルの時は全塗装して作ったとはいえ、
パーツの処理なんかはかなりお手軽にやったので
今回のAGE-2ノーマルはなるべく丁寧に作っていこうと思います。
(丁寧に作る用にAGE-1ノーマル買い直しました‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬)
ガンダムAGEは大好きだから、いろいろ並べて飾りたいし。
ウルフ隊全機揃えたいし🐺✨

とりあえずは合わせ目やら何やら、パーツの処理を進めていきます。
これまで通り改造改修はほとんど出来ませんけど、
脚だけ少し伸ばしてみようと思ってます。
ちゃんと出来るか分かりませんけども。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

なるべくお手軽に作るHGAGE ガンダムAGE-1ノーマルが
先日無事に完成しました!
200521_HG_GundamAGE-1Normal_01
い〜ま〜ぎ〜んが〜をま〜た〜たぁ〜いぃ〜て〜ぇ♪
モノ〜ク〜ロのゆ〜め〜がぼ〜く〜をさぁ〜そう〜まぁ〜え〜にさ〜♪

というわけで!完成したガンダムAGE-1ノーマルで
大好きなOPシーンのポージングに挑戦してみました、いかがでしょうか(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
アセム編OP曲の「ねごと/sharp ♯」買っちゃいましたよ。
あと「Galileo Galilei/明日へ」も買っちゃいました、この2曲大好きです。
それでは立ち姿からどうぞ。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_02
こういう立ちポーズにすると
次元ビルドナックルズ「角」のMサイズに置き換えた大きな手が
すごく良い効果を出してると思います。

白の下地をグレーにしてしまったせいで最初イメージしてた白とは違ってしまったけど
全体のカラーリングとしてはなかなか上手くまとまったと思います。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_03
AGE-1ノーマルの膝裏のこの感じ、ラインが美しくて好きなんですよねえ。
他のガンダムには無い感じの特徴的なバックパックもカッコイイです。

ふくらはぎは左右分割で中央に合わせ目が出ますが、
ここは軽く削ってスジを入れてモールド化して処理しました。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_04
ドッズライフルとシールドを装備させて。
ガンダムAGE-1ノーマルは本当にカッコ良くて、大好きなガンダムになりました。
190209_HG_GundamAGE-1Normal_05
シールド・腰アーマーのデカールは
ハイキューパーツのクリアデカールTHを使って自作しました。
「救世主頑駄無」の文字は冗談みたいですけど、実はかなり気に入っています。
最後にフリットが救われて本当に良かったです。
AGEはガンダムのデザインだけじゃなく、物語もすごく好きですね(ಠ .̫.̫ ಠ)
190209_HG_GundamAGE-1Normal_06
シールドの裏にも青があることに結構ギリギリになって気がつきまして
慌てて塗り分けました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ 
190209_HG_GundamAGE-1Normal_07
肩装甲は前後分割で端に寄せて合わせ目が出ますが、ふくらはぎ同様モールド化しました。
頭のAGEマーク?は付属のホイルシールをそのまま貼りました。
胸部分は塗装したんですが、もうちょっとグリーンを強くすれば良かったかも。

ドッズ ライフルに盛大なエナメル拭き取り忘れがあることに
写真を見てから気がつきました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳドッセイ!! 

続きを読む

HGAGE ガンダムAGE-1ノーマルの製作、
エアブラシによる塗装が終わったのでスミ入れをしてデカールを貼りました。
190204_01
デカールを自作したシールドはこんな感じに。
190204_02
フロントスカートにも。
ハイキューパーツのクリアデカールTH ハガキサイズを使って自作しました。
190204_03
青いパーツにはクリアブルーでスミ入れ。
190204_04
ピンクにはクリアレッドで。
190204_05
白いパーツにはライトグレーとジャーマングレーを混ぜてスミ入れしました。

パネル分割線のモールドとは違う短い「-」みたいなモールドは
スミ入れとは違ってシャバシャバに薄めていない塗料でしっかりと塗りつぶして
メリハリが出るようにしています。

そういえば今回、膝の黒い箇所の塗り分けなんですが
付属のホイルシールを使ってマスキングをしました。
マスキングテープとは違うので剥がす時少し心配だったんですけど
全然問題なく綺麗に仕上がりました、よかったです(ಠ .̫.̫ ಠ)

コーション系デカールはいつものハイキューパーツのコーションデカールのほか、
鋼魂 ディティールアップデカール グレー(AW-051)を今回初めて使いました。
薄いし文字周辺の余白が少ないし、水に浸して台紙から剥がせるようになるまでの
時間がすごく短かったのですごく使いやすかったです。
190204_06
肩やスカート裏などのチラっと裏側が見えそうなパーツは
いつもすべてエナメル塗料を使って塗りつぶしています。
色はテキトーにジャーマングレー+フラットブラックとかハルレッドとか、
つや消しで暗い色なら何でもアリみたいな。

塗り易い程度にほんの少しだけ溶剤を足す程度のこってり濃度でささっと塗るだけ。
はみ出た箇所は溶剤をつけたフィニッシュマスターや綿棒で丁寧に拭き取り。
筆ムラとか気にしないで大丈夫です、基本見えない箇所なので。
とにかくチラっと見えた時に影色になっていることが大事。
HGIBO_BarbatosLupusRex_03
180221_HG_PoweredGmCardigan_05
180806_HG_GrimoireRedBeret_09
肩やスカートの裏側が暗くなってるのが分かるでしょうか。
バルバトスは足首装甲の裏やふくらはぎの裏も塗ってます。 
影色を塗っているおかげでしっかり暗〜くなって
そのおかげで引き締まってほんの少しカッコ良く見えてくれます。

部分塗装などの成型色を活かした仕上げの場合でも簡単にできるのでオススメ。
ほとんど溶剤を使わないのでプラが割れることはほぼ無いですが、
念のためパーツを分解して塗る方が良いと思います。

この後は仕上げのトップコートを吹いて完成の予定です。
いつもですけどもこのくらいになると
最後ちゃんとカッコよくなってくれるかドキドキしてきます(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

HGAGE ガンダムAGE-1ノーマルの製作、
アクリジョンを使ってエアブラシでの基本塗装を進めています。
半分以上のパーツは塗り終わり、まだ塗ってないのは
関節・腹部や武器類のグレー、胸中央AGEマークの黒といったところです。

未塗装のパーツも混じってますが
色の雰囲気を見るために胴体と頭を組んでみました。
190131_01
今朝組んでパパっとスマホで撮った写真なので画質荒くて申し訳(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

ガンダムAGE-1 ノーマルのオリジナルのカラーリングではなく、
ガンダムVer. ONE YEAR WAR 0079のカラーレシピを参考にしました。
全体としてはなかなか良さそうです。

これまで調色して塗装する時は、その都度色を作って
いきあたりばったりで塗っていたんですが、
今回はちょっと微妙な色のバランスが大事になりそうだと思ったので
塗装する前に赤青黄白の4色を調色して作っておきました。
というか、本来はこうするものみたいですね(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
190131_02
こんな感じで。

で、実際に塗装してみて赤青黄の3色は良かったんですが、
白は下地をグレーにしてしまったのが大失敗でした。
グレーに引っ張られて白の微妙な色味が全然発色してくれない!!(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

これまで何度かアクリジョンの白を塗装してきて
なかなか・全然発色しないことは分かってたつもりなんですが、
ちょっと舐めてたというかウッカリしてたというか…。
かなり時間をかけて少しずつ何度も吹き重ねて
ようやくこのぐらいの色になったんだけどまだ足りてないんですよねえ。

これ以上やって厚ぼったくなったらイヤだし、
かといってやり直すのは手間かけないでパッと作るっていうテーマから外れちゃうし。
なので全体の色としては問題が無いので今回はこれで良いことにしました。

なるべく近いうちに作ろうと思ってたMG ガンダムVer. ONE YEAR WAR 0079の時に
今回のことを教訓にしようと思います。
というか、Ver. ONE YEAR WAR 0079の色は難しそうだから
1回練習しておくかっていうのも狙いとしてちょっとあったんですよね。
良かったですわ、練習しといて(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

胸のダクトやAGEマークまわりのところ、
塗装後に組んだ時の塗膜が心配だったんですけども
事前に干渉しそうな箇所を削って調整したり
不必要な箇所に塗料が乗らないようにマスキングしていたので
一旦組んでまたバラしても塗膜へのダメージは問題無しでホッとしました。
あと心配なのは肘・膝関節なんですけども果たしてどうなるか。

という訳で残りパーツを塗装したら、
細部をチョチョっと筆塗りしてスミ入れの工程に入る予定です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

HGAGE ガンダムAGE-1ノーマル、
なるべく時短製作ということで加工は最小限に留めます。

合わせ目はいくつかあるんですけど
接着して合わせ目消しをしたのは前腕のみ。
肘関節はポリキャップ接続なので後ハメ加工は必要ありません。

頭部、胸、肩、股関節、ふくらはぎにも合わせ目がありますが、
そのままだったり、少し削って彫ってモールド化したり、
合わせ目の反対側にスジ彫りをしてディテールとして処理したりしました。
処理方法としては削って彫ってモールド化しちゃうのが楽で好きです(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

肘・膝関節・ドッズライフルの前腕にかかる箇所は
塗装すると擦れちゃいそうなので、様子を見ながら削って調整しました。
いつもこういったクリアランスの調整が不十分で
後になって泣くことが多いんですが、今回は果たして(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ 

キット付属のハンドパーツは武器の持ち手も兼ねた左右の穴あき手と
左の開き手なんですが、そういえばと思い出して以前に買ってストックしていた
次元ビルドナックルズ「角」のMサイズを取り付けてみました。
190125_02
↑これがキット付属の元々の穴あき手です。
190125_01
↑これが次元ビルドナックルズ「角」のMサイズです。
ちょっとコレめちゃくちゃ良くないですか!?

次元ビルドナックルズの方がしっかり握った拳なので見栄えが良くなったのは当然ですが、
手がひとまわり大きくなり力強さが出て非常にカッコ良くなったと思います。
手の大きさでこんなに変わるなんて知りませんでした。
190125_03
ハンドパーツのみ並べるとこんな感じ。
元キットのものよりMサイズはかなり大きいです。

ビルドナックルズの武器持ち手はそのままではドッズライフルを持たせられませんが、
削って調整してやれば装備可能です。
…と、ここまで書いて初めて気がつきましたが。
コレ、ビームサーベルは多分スカスカで持てない気がします…
装備は諦めるかな?まあ、後で確認してみます(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

AGEキット用のガンダムデカールは発売されていないようだし
付属のマーキングシールもないので、何にも無しじゃ寂しいと思って
シールドに貼るようのデカールを自作することにしました。
190125_05
デザインはこんな感じで。
まだ44話までしか観ていないのでどんな結末になるのか分からないんですが、
少年フリットの強い決意を、そして第1話のタイトルにもなっている
「救世主ガンダム」の文字をシールドに入れようと思いました。

キオが言った
「じいちゃんは憎しみに駆られているだけじゃないか!そんなの救世主じゃない!」
は良かったですね。
フリットは救世主になることができるのか…フリットの心は救われるのか…
機動戦士ガンダムAGE、面白いじゃないですか!まったくもう!

地球連邦軍のマークはMGのAGE-1に付属されているものをトレースしました。
190125_04
サイズを調整して試しに紙にプリントしたものを貼り付けてみました。
こんな感じにする予定です。
良いんじゃないでしょうか。

この後スミ入れしたいモールド・逆エッジの彫り直しをやってパーツの処理は完了、
洗浄もしたので次は塗装の工程に入ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

↑このページのトップヘ