ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

タグ:地球連邦軍

MGエールストライクが完成したので次はMGのRX-78-2 ガンダムを作っていきます。
190419_01
2年前の誕プレに買ったMG ガンダム Ver.ONE  YEAR WAR 0079をようやく(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
今年はガンダム40周年ですので、やっぱりこのタイミングを逃してはいけない。

このキットを買った時は、いくつかあるMGガンダムの中で
これが一番カッコいい!!と思って買ったんですが、
今はもうどれもカッコ良いと思います、だってガンダムだもの(ಠ .̫.̫ ಠ)

そんな訳で仮組みしました。
190419_02
力強いプロポーションで超カッコいい((( ꒪﹃ ꒪)))
レビューサイト等いろいろ見てて、
もしかして脚がちょっと短いのかなあと思ってたんですが
実際に組んで見てみると、これはこのくらいで丁度良いのかなと思いました。
190419_03
MGでも古いキットなので武器や頭部のパーツ分けはHGと変わらない感じですけど
造形は文句無しにカッコ良いです。
成型色もサイコーですね(ಠ .̫.̫ ಠ)
足首の可動がもう少し柔軟であれば完璧ですかね。
190419_04
思いの外ガンダムハンマーがアツいです。
自分で振り回して遊んでも楽しい(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

組み立て済み(?)のプラ製のチェーンパーツのバリが結構すごいので
処理するのが面倒くさそうですね。
別のものに置き換えるのが手っ取り早そうだけど、丁度良いのが見つかるかな?
190419_05
バズーカはグリップが固定式なので手に持つのはちょっとやりづらいです。
腰の後ろに付けておくのが良いかなと思います。

MGはこれが2体目になりますけども今回は全塗装に挑戦してみる予定です。
パーツ点数はエールストライクに比べると随分少ないとは思うけど、
それでも自分にとってはかなりの点数なのでパーツの処理はほどほどにして、
とにかくMGを全塗装で仕上げたぞ!というところを目標にやっていきます。

仮組みの時点で既に超カッコ良くてずっと眺めてたいくらいなんですけども
それじゃあ永遠に完成させられないので泣く泣くバラして処理を始めました( ꒪﹃ ꒪)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

ランナー塗装で作るHG GUNDAM THE ORIGIN ガンダムFSDが完成しました。
180422_HG_GundamFsd_01
180422_HG_GundamFsd_02
製作手順をザックリ書くと、
ランナーを塗装する色ごとに取り回しの良い大きさにバチバチと切り分けて
エアブラシでアクリジョンを塗装した後、
パーツを切り出してゲート跡を筆塗りでタッチアップ。
その後エナメル塗料でスミ入れをして水転写デカールを張り、
アクリジョンのつや消しトップコートを吹いて完成です。

デカールは、ガンダムデカールDX01と
ハイキューパーツやベルテクスのコーションデカールを使用しました。

キット付属のマーキングシールはEFF(Earth Federation Force)なんですけど
ガンダムデカールDX01にはEFSF(Earth Federation Space Force)しかなくて、
コレってどうなんだろうな?と思ったんですが、他のキットを調べると
陸戦型ガンダムにもEFSFが貼られてるし、まあ良いのかなと思って採用しました。
(陸ガンのEFSFは間違いだったというような説もあるようですが…)
180422_HG_GundamFsd_03
ガトリングの弾帯は軟質パーツなので塗装やトップコートはせずに
メラミンスポンジで擦ってツヤを消し、ガンダムマーカースミ入れペンで
ヘコみ部分を塗って仕上げました。
もしも塗装するなら、プライマーを塗ってから良さそうだと思います。

続きを読む

ランナー塗装したガンダムFSDのパーツすべて切り出しました。
ゲートのあった箇所は塗装されていないので、
デザインナイフで出来るだけゲート跡を処理して
筆でチョンチョンと塗ってタッチアップ。
その後、スミ入れをして次はデカール貼りという段階まで進んでます。

デカール貼る上で、全体のバランスが分かった方が良いので
全身を組み立ててみました。
今回は仮組みもしていないので、組んだらどこが見えて
どこが隠れるのか全然分かりませんし(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
180416_01
180416_02
同じ色でタッチアップしてもやっぱり質感は違っちゃうし、
そもそもゲート跡がきちんと平滑になっていないので
パーツを手にとって見るとその箇所はかなり目立ちますね。
少し離れて見て、やっとギリギリといったところでしょうか( ꒪﹃ ꒪)

でもキットそのものは超カッコ良いし、
変更したカラーリングもなかなか気に入ってます。
こんなに良いならランナー塗装じゃなくてちゃんと作れば良かったかも(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

スミ入れには、エナメル塗料のジャーマングレーと
フラットブラックを混ぜて使用しました。

塗装に使ったのはつや消し・半つやの塗料がほとんどだし
モールドの彫り直しもしてないから、
スッキリ拭き取るスミ入れは厳しいかな?と思ったので、
エナメル溶剤で湿らせた筆で拭き取りつつ、
周囲にぼかす?馴染ませる?ような感じにやってみたら
本体部分は案外きれい目に、武器パーツは周囲にぼけて
ウェザリング的な感じに仕上がりました。
ちょっと統一感が無いかもだけど今後の良い参考になりました。

次回はデカールとトップコートを吹いて完成の予定です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

エンゲージを作ってる最中ですけども、
HG ORIGINのガンダムFSDがすごくカッコ良いので買っちゃいました。
サッと作ってみようと思って、前からちょっと気になってた
ランナー塗装を初めてやってみました。

色分けに合わせてランナーをバチバチと切り分けて
エアブラシでアクリジョンを塗装しました。
特に難しいことは無いだろうと思ってたんですけども、
やってみると想像してたよりずっとランナーが邪魔になって
なかなか上手いことパーツの隅々まで塗装出来ない箇所がありました。

なので、途中から余分なランナー・ゲートを切り落として
なるべく邪魔にならないようにして塗装しました。
ランナー塗装、思ったよりも手間がかかる( ꒪﹃ ꒪)

あと、スプレー塗装ならそうでもないのかもだけど、
エアブラシで塗装するとランナー状態であっても
結局はパーツひとつひとつ塗装していくことになってしまって
特別お手軽とは思えずなんか微妙でした(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ 

自分はまだまだ初心者なので、普段の製作でも
キッチリとしたヤスリがけ・パーツ整形は出来てはいないんですけども、
それでも作業してて
「あ、なんもしないで塗装するとこうなっちゃうのか…」
「こういう所、ちゃんとヤスリかけてたらなぁ…」
とかって細かいことが気になっちゃって、イマイチ楽しい気持ちになれず。

まあまだ途中なのでなんとも言い切れないんですけども
もしかしたら性格的に自分には向いてない作り方だったのかも。

現在の進行具合としては、まだランナー塗装・吹き洩らしの手直しが
終わったばっかりで、これからゲート跡のタッチアップやスミ入れをやるところ。 
180411_01
色の組み合わせを確認したくて少しだけ組み立てました。

塗装した跡にゲート切るの初めてで、なんかやりにくくていつもより汚かったり。
タッチアップでどのくらいごまかせるのかな。
とりあえず最後まで作ってみます。
V字アンテナ外す時、キツくて折れかけちゃいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳヤベー

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

借りたデジカメで百錬を撮ったらすごく綺麗に撮れたから
嬉しくなって以前に作ったガンプラも何体か撮影しちゃいました。
新しく撮り直した写真を使ってブログ記事を稼ぐ作戦(ಠ .̫.̫ ಠ)

という訳で、ガンプラ製作を始めて4体目に作ったHGUC リ・ガズィです。
当時のツイートによると6月あたまに完成させた模様。
丁度、去年の今頃に作っていたキットですね、ほんと一年経つのって早いな( ꒪﹃ ꒪)
HGUC_Re-GZ_01
水性ホビーカラーとタミヤアクリル、タミヤエナメルの筆塗り部分塗装と
ウェザリングマスターBセット(ススのみ使用)、
缶スプレーのつや消しトップコートを使って作りました。

ウェザリングマスターは一旦つや消しトップコートを吹いてから
主にエッジ部分に軽く擦りつけて、
最後にもう一回トップコートを吹いて定着させています。
HGUC_Re-GZ_02
関節などのABSが固くてやりにくかった記憶があるんだけど、
色分けやパーツ構成、見た目のカッコ良さにはとても感心しました。
ランナーが10枚くらいあって多くてビビったけど(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ


部分塗装した箇所はこんな感じだった模様。
B.W.S.のウイングも色が足りない箇所があるのだけど、
飾る予定も無いので(今回撮るの忘れてたくらいだし)
お手軽に付属のシールを使いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ