ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

タグ:ジオン軍

イベント限定ガンプラの
HG 量産型ザク(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)リミテッドクリアVer.が完成しました。
180819_HG_ZakuII_GundamThunderbolt_01
予定通りかなりお手軽に作ったんですが
その割にはなかなか良い具合になったかなと思います。
それではぐるっと全体図をどうぞ。
180819_HG_ZakuII_GundamThunderbolt_03
180819_HG_ZakuII_GundamThunderbolt_04
180819_HG_ZakuII_GundamThunderbolt_05
180819_HG_ZakuII_GundamThunderbolt_07
こんな具合になっております。
バズーカ等他の武装は飾る時に使わないので仮組みしたまま放置です(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

続きを読む

去年5月に開催されたガンダムワールド2017in札幌で購入した
HG 量産型ザク(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)リミテッドクリアVer.を
ようやく開封しました。
イベント限定発売のガンプラです(購入記事はコチラ)。

もしかしたら「製作1」のまま終わるかもしれないんですけど
仮組みをしたのでとりあえずは記事にしておこうと思いました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
180811_01
もうちょっと明るくした方が写真として見栄えがするかもですが、
ちょっと実物から色味が離れちゃうのでこのくらいで。

2色のクリアグリーン、クリアブラックのパーツには
ラメが入っていてなかなか綺麗です。
関節やバックパック、武器類はガンメタっぽい不透明のプラ。
ポリキャップはグリーンでした。
180811_02
180811_03
通常版キットと同様にバズーカとヒートホークも付いてますが
重たかったり持たせにくかったりなので省略。

ガンダムサンダーボルトのキットを作るのはこれが初めてで、
このシリーズのザクって上腕が長くて違和感があったんですけど、
確かに長いですけど、作ってみると思ってた程ではないかなと思いました。
サンボルのザクもなかなかカッコいいですね。

キットの構造としては大変作りやすく出来ていると思うんですけど、
やっぱりクリアカラーのパーツ同士のダボ・ピンの噛み合わせが
ガチガチに硬くて、個体差かもですが未調整で組める箇所はほぼありませんでした。

通常のキットで噛み合わせがキツかったとしても、
ダボカット・ピンカットで調整すればそれで問題なしですけど、
クリアパーツなので何も考えずに切っちゃうと割と目立つ場合があるので
調整にはちょっと神経を使いました。

「イベント行った記念に初めてガンプラ買いました!」
という人にはこのキットはかなり難しいかもしれないですね。
ほんと、そのままだと全然入らないパーツもあるので。

合わせ目とか気にしたり、ヤスリがけとかしちゃうとまた時間がかかっちゃうから
仕上げるとしても、バックパック・関節・武器・ノズル箇所だけそのまま塗って
付属のシール貼って…みたいなお手軽な感じでやろうと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

部分塗装で仕上げるHG GUNDAM THE ORIGIN ザクIが完成しました。
180122_HG_ZAKU_01
成型色も良い雰囲気で、パーツ分割等も素晴らしくとてもカッコいいキットでした。

パッと仕上げる練習ということで、まあせいぜい1週間くらいでどうにか…と
思ってたんですが、結局2週間くらいかかりました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

でもまあ、こうやって何体も作っていれば段々慣れて期間が短くなったり、
同じ期間かけて作ってももっと作り込んだり出来るようになるんだと思いますきっと。
とりあえず2週間かけるなら全塗装出来るくらいになりたいです( ꒪﹃ ꒪)

それでは完成写真を貼りつつ感想なんかを書いていきたいと思います。
基本の立ちから。
180122_HG_ZAKU_02
180122_HG_ZAKU_04
仮組みした時は、うーん…すごく良いのに今ひとつ好みの立ち姿にならないな?と
思ったんですが、膝をピンと伸びきるように改修したのが効いて、
スッといい感じに立てるようになりました。

シールド裏をグレーで塗装したところも、簡単作業の割に
メカニカルな緻密さが出ていて、地味だけど効果が大きいなと思いました。
しっかり段差があるパーツなので塗るのは難しくないし、
周囲は無塗装だからもしもはみ出ちゃっても
デザインナイフ等でカンナがけすればオーケーです。

ところどころに合わせ目が出ますが
接着による合わせ目消しをしたのはショルダーアーマーのみで、
その他の前腕や膝関節、膝裏、武器類等に出る合わせ目は
合わせ目の片方を少しだけ削ってモールド風に見えるように処理しました。
肘に少しだけ出る合わせ目は、BMCダンモを使って段落ちモールドにしました。

続きを読む

パッと作るHG GUNDAM THE ORIGIN ザクIの続きです。
部分塗装の後にスミ入れをしました。
180118_06
写ってないパーツもありますが。

塗装をした武器、シールド裏、ショルダーアーマーは
エナメル塗料やフィルタリキッドで。
外装パーツはコピックモデラーのウォームグレー。
足裏や関節など黒に近いパーツはコピックモデラーのブラックでスミ入れ。
胸や腰などのところどころ大きめにくぼんだモールド?は
エナメルのジャーマングレーで塗りつぶしてみました。

コピックモデラーは初めて使ったんですけど、細さ0.02ミリだけあって極細で超繊細。
強めに筆圧をかけると簡単にペン先の芯が潰れそうな感じがしました。

極細なうえにウォームグレーは色がかなり薄いので
これ書けてるの?見えるの?と不安になったんですけど、
何もしてないパーツと見比べてみると、モールドに自然な影色が
入っているような感じで、スミ入れした効果はちゃんとありました。

ただやっぱり自分としてはもう少し濃い色のグレーが欲しいですね。
今回のザクの緑や紫部分に使うには
ブラックでは濃すぎるし、ウォームグレーではちょっと薄いかなと思ったので。

あと、0.02ミリといってもその極細の芯部分はかなり短いので、
あまり奥まったモールドの場合、芯を保護する金属部分が邪魔をして
芯が奥まで届きにくい感じがしました。
これ以上芯を長くしちゃうと絶対折れるので仕方ないと思いますけども。

スミ入れは、いつもの様にモールドの彫り直しをして塗料を流し込むのが
自分の一番好みの仕上がりになるんですが、
彫り直しにはいつもかなり時間がかかるので、パッと作る今回では省略しています。
塗装して作る時でも、アクリジョンとの兼ね合いで悩みながらなんですが、
今度また同じ様にパッと作る場合はどうしようかな、と悩んでます。

忘れてたんですが、モノアイの周りの部分?土台の部分?を
エナメルのフラットブラックで塗装しました。
メタリックピンクの丸いシールをペタっと貼るつもりです。

スミ入れが終わったのでデカール貼り。
コーション系はハイキューパーツのものやベルテクスシステムマーキングを、
マーキングにはガンダムデカール、ガンダムデカールDXを使いました。
180118_07
ガンダムデカールDX01に入っている数字のデカールで
左肩のシールドにスレンダー機の番号102を貼りました。

続きを読む

一生懸命ガンプラを作るのは良いんだけど
いつもやたらと時間がかかってしまうから、
なるべく手間を省いてパッと短期間で完成させる練習をしてみよう!
連休中に3〜4日たっぷり使えば完成できるんじゃないか?

ということで、去年の年末年始の連休に入る前に短期間製作を計画したんだけど、
連休中ずーっと熱が出てしまってて全然ガンプラ作れなくて
見事に計画倒れになりました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
なんとか最後の休みの日に大体回復したので仮組みだけは出来ましたが。

計画とは全然違うことになったのは残念だけど、
パッと作る練習はしたかったので平日運行での短期間製作を始めました。
作りかけのパワードジムカーディガンは一旦置いておいて(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳひっ
180118_01
タイトルにもありますが、作るのは HG GUNDAM THE ORIGIN ザクIです。
オリジンのキットはずっと作ってみたかったんですよね。

手間を省いてパッと作るとはいえ、なるべくカッコよくしたいし
手抜きをして作っても練習にはならないので
◎ゲート処理
◎パーティングライン処理
◎ここだけは…と思う合わせ目消し
◎部分塗装
◎デカール貼り
◎トップコート
だけはやろうと思いました。

だけは、って言うけど結構あるよなコレ((( ꒪﹃ ꒪)))…と後から冷静になって思いました。
連休のたっぷり製作でも自分には3〜4日ではムリだったな(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
でもまあ、何体も作っていけば徐々に短期間で出来るようになるのかな?
とりあえずやっていきます。
180118_02
まずは仮組み。超カッコいいですね。
かなり明るく撮っちゃったので色が全然違いますが…
180118_03
超自然な立ち膝が可能でびっくりしました。
パーツ分割も非常に巧みで作っていて感動したんですけど、
いざ組み立て終わって立たせようとすると、股関節が窮屈だったり、
足首の可動が窮屈だったり、正直「あれ???」と思う箇所も。

でも総合的に見て大変すばらしいキットだなと思いました。
他のオリジンキットも是非作ってみたいです。

続きを読む

↑このページのトップヘ