ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

カテゴリ: ガンプラ

ガナーザクウォーリアの製作、
前回の製作記事からものすごく間が空きましたが
未だにのパーツの処理をやっています。

モノアイをいじった他には特に加工はしない予定でしたが
やっぱりビーム突撃銃の腰部へのマウント用のピンが気になるので
ネオジム磁石で取り付けられるように加工しました。
200319_01
ピンを切り落として磁石を取り付けてこんな感じ。
加工前の写真を撮ってなかったので説明書の取り付け図と一緒に撮りました。

普通なら取り付け用のピンは収納・展開が出来ると思うんですけど
このキットはピンが銃本体と一体成型で出っ放し。
組みやすい設計だとしてもちょっと大雑把すぎるような‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

ピンを落として磁石を貼り付けるだけだと高さが足りなかったので
コトブキヤのダクトノズルIIを使って台座的なのを作って磁石を取り付けました。
腰部はピンの差し込み穴にネオジム磁石を埋め込んだだけ。
200319_02
腰部に取り付けるとこんな感じ。
ネオジム磁石は4mm×2mm、高さ1mmのものを使いました。
これより小さい磁石だと磁力が足りないかも。
深く考えないで加工したんですけど、ちゃんと保持出来て良かったです。

パーツのヤスリがけ、モールドの彫り直しといったパーツの処理も
あと一息といったところなんですけど、なんでこうまで時間がかかってるのか
自分でもよく分かりません。
次に生まれ変わるとしたら、わたし、作るの早い人になりたいな‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

MG ガナーザクウォーリアを作っていたというか
作り始めてたところなんですが、
塗料の食いつきが良いというプロユースシンナーを試したくて
ガンダムベース限定プチッガイ[ガンダムベースカラー]を作りました。
200208_Petit’gguy_GundamBaseColor_01
やっぱプチッガイ可愛いわ〜(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
ガンダムベースカラーの青には、Mr.カラーのブルーFS15050を使ったんですが
雰囲気は近いけど瓶そのままの色だとちょっと暗い感じなので、
少し明るく調色するともっと良いかもです。

ガンダムベースカラーはカッコ良くて好きなカラーリングなので
いろんなガンプラをガンダムベースカラーにしても楽しいかも。
200208_Petit’gguy_GundamBaseColor_02
ほっぺたのガンダムベースマークは付属のシールがあるんですが、
曲面には上手く貼れないだろうから
ネットからロゴデータを拾ってクリアデカールTHで水転写デカールを作りました。
小さめのJPG画像しかなかったから解像度が低く
プリントが粗めなんですが、まあまあ十分な仕上がりになりました。
台座には本来シールは無いんですが、ついでに作って貼ってみました。
200208_Petit’gguy_GundamBaseColor_03
胴体と脚だけ瞬着で合わせ目消しをしました。
仮組み無しで作ったんですが、合わせ目消しをしてから
あれ?これ手脚のポリキャップを差し込んだら
体の合わせ目が開いて割れるんじゃないか?
って心配になったので、ポリキャップをヤスリで削って小さくして
合わせ目に負荷がかからないようにして差し込みました。
ちょっと削りすぎて脚が緩いんですが、台座スタンドもあるから問題なし。
無理して割れちゃうよりずっと良いです、塗料も残ってないし(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

続きを読む

MG ガナーザクウォーリアのモノアイは
ホイルシールをペタッと貼るだけの簡素なものなので
MGらしく見栄えの良いモノアイを作ります。

去年作ったHG ORIGINの高機動試作型ザクとまったく同じやり方で、
ピンバイスで穴を開けてパーツを埋め込むだけですが、効果は大きいと思います。
200129_01
ヘルメットとモノアイカバーを外すと、モノアイパーツはこんな感じ。
丸いところにシールを貼るようになってます。

レンズにあたる円部分に穴を開けてパーツを埋め込みます。
円の直径は約3mmでした。
191023_03
使うパーツはこちら。
ハイキューパーツのSPプレート2 2.0mm
です。

SPプレート2 2.0mmは外径が2.7mm、内径が2mmなので
H・アイズ3ミニの2mmのレンズをセット出来ます。

元々のモノアイの直径が約3mmで
パーツそのものの高さが3mm強といったところなので
SPプレートのサイズ的にあまり余裕がありませんが
注意深く円の中心に穴を開ければ破損させることなく埋め込めます。
200129_02
埋め込むをこんな感じ。
この後取り付けるクリアパーツのカバーとのクリアランスが
思ったよりもギリギリだったんですが、
目一杯奥まで埋め込めばちゃんと収まりました。
モノアイを左右に動かすことも出来ます。
うまくいって良かったです(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
200129_03
カバーとヘルメットを付けるとこんな感じ。
MGですが、HG ORIGINの高機動試作型ザクと同じサイズのモノアイで
ピッタリというか、ギリギリでした。
小顔だし、目つきが鋭いデザインだからですかね。 

今は穴にはめ込んでいるだけなので、
最後の組み立て時に瞬間接着剤等で軽く接着します。

モノアイの他には多分工作とかしない予定なので
パーツ整形の作業を進めていこうと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINYより
MG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)を作っていきます。

このキットの発売は2019年09月28日発売で、
まさかMGで発売されるとは思っていなかったので
すごく嬉しかったとこと、増税直前ということもあって
発売日にすぐに買いにいきました。

丁度、MG ガンダム Ver. ONE YEAR WAR 0079を作っていた時で、
これが完成したら次は早速ガナーザクウォーリアだと思っていたんですが
いろいろあって今になってしまいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

という訳で仮組みです。
200127_01
マッチョ体型で素晴らしくカッコイイです。
模型店で組み立てサンプルを見てはいましたが
実際手にとって間近に見てみるとやはり違うものです。
200127_02
立たせる際、背中に取り付ける大型のウィザードシステムの
オルトロス高エネルギー長射程ビーム砲と
エネルギータンクの重量が気になっていましたが
少し腰を前に出す感じに立たせれば大きな問題なく自立出来ました。
もちろん軽いとまでは言えないので、つま先に重りを入れたりすると
もっと安心して立たせられるんじゃないかと思います。
200127_03
ガナーザクウォーリアといえばやはりこの射撃ポーズかと思いますが
なかなか説明書の写真のようなカッコいいポーズには出来ず…。
いろいろいじくり回してみましたが、自分にはこれが限界でした。

右腕は思っていたよりは楽にグリップを握ることが出来ましたが、
左腕でフォアグリップを握るのは結構窮屈な感じでした。
200127_04
ルナマリアが使っていたかどうか覚えてないんですが、
飾っておくにはビーム突撃銃を持たせるのが安全で無難で場所も取らないですね。
腰背面にマウントする為の軸が飛び出っぱなしなのが少々気になりますが、
それを踏まえた上でもカッコ良いなと思いました。

ビームトマホークもクリアパーツがシャープでカッコ良いです。
どちらの武器にもグリップにピンはありませんが、
握り手にピッタリ収まる設計なのでしっかり保持出来ます。
撮ってませんが左の銃持ち手もあるのが嬉しいです。

これまで通り特別なことはしないで作ろうと思いますが、
ひとつひとつのパーツの面構成がかなり複雑な感じなので
ヤスリがけが難しそうな印象です。

面出しエッジ出しなんていって下手にヤスリがけしちゃうと
かえってパーツがグダグダになってしまう可能性が高いので
様子を見ながら慎重に、あまり欲を出さずにやっていこうかと思います(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

SD 三国創傑伝 関羽雲長νガンダムが完成しました。
いつも作るのが遅いので、今回は
なるべくサクッと作る、をテーマにしてやってみました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
200110_SD_GuanYuYunChangNuGundam_02
ハンドパーツは次元ビルドナックルズ「角」のMサイズに交換しました。
SDでもしっかりした握りこぶしや平手を付けてやると
それだけで結構雰囲気が出て良いんじゃないかと思います。

目のシールを貼るのに少し失敗しちゃって、位置を直そうと右目尻から剥がしたら
粘着層が張り付いたまま表面の紙だけ剥がれてきちゃって…
小っっさく切り出した両面テープでどうにか貼り付けましたが
テープの厚みがちょっと出ちゃって、間近で見ると見栄えが悪いです。
ホイルシール貼るのって超むずかしくないですか…どうやればいいんだ。
200110_SD_GuanYuYunChangNuGundam_01
SDだけど上手な人なら結構ポージング出来そうなキットでした。
肘は固定ですが、膝は曲がるし腹部も前後可動出来ます。
自分はうまく動かせなかったけど(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
200110_SD_GuanYuYunChangNuGundam_03
SDなのでいろんな箇所に大きな肉抜き穴がありますが、
全部そのままにしてます。

手軽?気楽?大雑把?手抜き?何が一番しっくりくるのか分からないけど
とにかくいつもなら、ここはちゃんとしたいな、
この失敗はカッコ悪いから直したいな、と思うような所に気がついても、
やってたら大変だし時間がかかるからいいや!という感じで作りました。

とか簡単そうに書きましたが、自分は結構神経質なので
いつもよりさらにアラがあるパーツを見ていると
アチャー…となったり、本当はどうにかしたい気持ちでモヤモヤしちゃって、
一生懸命やるのはもちろん大変だけど、
一生懸命やらないのもそれはそれで大変なんだなっていう、
なんかもう変な修行みたいなところがありました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
続きを読む

↑このページのトップヘ