ランナー塗装で作るHG GUNDAM THE ORIGIN ガンダムFSDが完成しました。
180422_HG_GundamFsd_01
180422_HG_GundamFsd_02
製作手順をザックリ書くと、
ランナーを塗装する色ごとに取り回しの良い大きさにバチバチと切り分けて
エアブラシでアクリジョンを塗装した後、
パーツを切り出してゲート跡を筆塗りでタッチアップ。
その後エナメル塗料でスミ入れをして水転写デカールを張り、
アクリジョンのつや消しトップコートを吹いて完成です。

デカールは、ガンダムデカールDX01と
ハイキューパーツやベルテクスのコーションデカールを使用しました。

キット付属のマーキングシールはEFF(Earth Federation Force)なんですけど
ガンダムデカールDX01にはEFSF(Earth Federation Space Force)しかなくて、
コレってどうなんだろうな?と思ったんですが、他のキットを調べると
陸戦型ガンダムにもEFSFが貼られてるし、まあ良いのかなと思って採用しました。
(陸ガンのEFSFは間違いだったというような説もあるようですが…)
180422_HG_GundamFsd_03
ガトリングの弾帯は軟質パーツなので塗装やトップコートはせずに
メラミンスポンジで擦ってツヤを消し、ガンダムマーカースミ入れペンで
ヘコみ部分を塗って仕上げました。
もしも塗装するなら、プライマーを塗ってから良さそうだと思います。

180422_HG_GundamFsd_04
仕様したカラーはこんな感じ。
赤だけ調色しましたが、その他は瓶の色そのまま使いました。

胸・袖・足・シールド外側=ネービーブルー
肩・前腕・腰・すね・シールド中央=RLM74 グレーグリーン
頭・上腕・もも=RLM65 ライトブルー
襟・腹・各関節・手=RLM75 グレーバイオレット
頭部赤=シャインレッド+あずき色
胸部ダクト・シールド十字=オレンジイエロー
ガトリング=ニュートラルグレー
ランドセル・キャノン=軍艦色(2)

といった具合です。

アクリジョンのつや消しトップコートがやっぱり難しくて、
仕上がりの色が随分白っぽくなっちゃいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
5月には水性ホビーカラーのプレミアムクリアーが発売されるというので、
クリアーだけはそれを使おうかなと思ってます。

作りたいガンプラが山ほどあるのに、いつも完成まですごく時間がかかるので、
これじゃあ全然追いつかないわ、どうにか時短出来ないかな?
と思って今回初めてランナー塗装で作ってみたんですが、いざやってみると
思ったよりもずっとゲート跡・パーティングライン・ヒケ・合わせ目が気になっちゃって、
ヤスリがけ等普段やっているパーツの処理の大切さがとてもよく分かりました。

作っている最中も「ここの処理をちゃんとしてたらなぁ…」とか
細かい所が気になっちゃって、
「しんどい~!難しい~!めんどくせー!」とか思いながら
ヤスリがけして作ってた時の方が逆に楽しめてたよなぁ、と
意外な発見がありました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
確かに完成まではいつもよりずっと早かったんですけどね。

で、細かいところが気になっちゃってるもんだから
いつもよりも完成写真が少ないという(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
マシンガンとか小さい方のシールドにもデカール貼ったんですけど、
ま、写真は良いかな…って(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

でもカラーリングはかなりカッコよく出来たなと思っておりまして、
この色の組み合わせはまた今度やりたいですね。
ガンダムFSDもすごく気に入ってるキットなので、
実際のところどうなるか分かりませんけども、出来たらまた作りたいなと思ってます。
ちゃんとパーツの処理してじっくりと。

いつもより手間をかけてないので内容がアレですけども、製作記事はこちら。

HG ORIGIN ガンダムFSD製作1/ランナー塗装

HG ORIGIN ガンダムFSD製作2/タッチアップ・スミ入れ完了、一旦組み立て

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ