ランナー塗装したガンダムFSDのパーツすべて切り出しました。
ゲートのあった箇所は塗装されていないので、
デザインナイフで出来るだけゲート跡を処理して
筆でチョンチョンと塗ってタッチアップ。
その後、スミ入れをして次はデカール貼りという段階まで進んでます。

デカール貼る上で、全体のバランスが分かった方が良いので
全身を組み立ててみました。
今回は仮組みもしていないので、組んだらどこが見えて
どこが隠れるのか全然分かりませんし(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
180416_01
180416_02
同じ色でタッチアップしてもやっぱり質感は違っちゃうし、
そもそもゲート跡がきちんと平滑になっていないので
パーツを手にとって見るとその箇所はかなり目立ちますね。
少し離れて見て、やっとギリギリといったところでしょうか( ꒪﹃ ꒪)

でもキットそのものは超カッコ良いし、
変更したカラーリングもなかなか気に入ってます。
こんなに良いならランナー塗装じゃなくてちゃんと作れば良かったかも(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

スミ入れには、エナメル塗料のジャーマングレーと
フラットブラックを混ぜて使用しました。

塗装に使ったのはつや消し・半つやの塗料がほとんどだし
モールドの彫り直しもしてないから、
スッキリ拭き取るスミ入れは厳しいかな?と思ったので、
エナメル溶剤で湿らせた筆で拭き取りつつ、
周囲にぼかす?馴染ませる?ような感じにやってみたら
本体部分は案外きれい目に、武器パーツは周囲にぼけて
ウェザリング的な感じに仕上がりました。
ちょっと統一感が無いかもだけど今後の良い参考になりました。

次回はデカールとトップコートを吹いて完成の予定です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ