リアルタッチマーカーのお試しということで
なるべく手間をかけずに作ろうとしてたヴィダール。
実際やってみたらやりたかった表現が上手くできなかったから
今回はリアルタッチマーカーは不採用ということになりました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

とりあえず現在は、仮組み後に
◎合わせ目に段落ちなどの処理
◎筆塗りで部分塗装(アクリジョン、タミヤエナメル、ガンダムマーカー使用)
◎スミ入れ(ウェザリングカラー、フィルタリキッド使用)
◎キット付属のシール貼り
◎つや消しトップコート(水性ホビーカラー使用)
◎フィルタリング的なウェザリング? (ウェザリングカラー、フィルタリキッド使用)
という工程を終えたところ。 

これだったら前に作った百練なんかとほぼ同じだから
わざわざやる事なかったかなあ、とも思うのだけど
積みプラが1つ減ったから良いこととします。
170823_01
で、今こんな感じになってます。
実際はもう少しススけた感じです。

仮組み時の写真と比較すると
170823_02
こんな感じ。
各工程について書いてきます。
 
まずは合わせ目の処理。
スネは合わせ目と反対側の同じ位置にスジ彫りを入れることで
合わせ目をモールド化しました。
スネに2本モールドが走ってますが、1本が合わせ目、1本がスジ彫りした線です。

太ももとバックパック(目立つところだけ)はBMCダンモで段落ちに。
その他の合わせ目はデザインナイフでカンナかけして、
お手軽にモールドっぽく見せることにしました。

今回はなるべく手間をかけずに、ということだから仕方ないけど
やっぱり足の甲の合わせ目はちょっと違和感があるなあと思います。
合わせ目の入り方はスネと同じなんだけど、
スネと比べて狭いのでこうしましたが、うーん。
ま、いいか(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

筆で部分塗装したところは以下のとおりです。
肩の上部、前腕、膝をミッドナイトブルーで。
腰のフロントアーマーをシャインレッドで。
バーニア外側を焼鉄色、内側をシャインレッドで。
肩や胸、つま先の溝などはタミヤエナメルの
セミグロスブラックとブルーを混ぜたもので塗り、
はみ出たところはエナメル溶剤で拭き取りました。
腕と足のパイプと腹のシリンダーはガンダムマーカーのシルバーの
塗料を一旦皿に出して筆で塗りました。

筆塗りはやる度に難しいなと思うけど、
今回塗ってて一番難しかったのはバーニアでした。
細かくないから一番ラクだろうと思ってたけど、
実際は内側を塗る時に筆を動かしにくくて塗りづらかったです。

バックパックやサーベルラックの白はキット付属のシールです。
ここを設定通りに塗り分けようとすると細かくて手間がかかりそうだったのと、
白は塗りにくいだろうなと思ったからお手軽に済ませました。

スミ入れは、フィルタリキッドのレイヤーバイオレットに
シェードブルーとウェザリングカラーのマルチブラックを混ぜて
暗い紫みたいな色を作って流しました。
逆エッジの箇所を彫り直したりはほとんどしなかったから、
青の装甲部分にはあまりスミ入れする箇所は無かったです。
お手軽目に作る場合でも逆エッジは彫り直しして
スミ入れした方が引き締まって良いなと思いました(今度からそうします)。

フィルタリング的なウェザリングみたいなやつは
スミ入れに使った塗料とほぼ同じで、
混ぜる割合や薄め具合を変えただけのもの(より黒っぽい感じに混ぜました)を
平筆でタテ方向に塗りつけました。
拭き取りはしてないです。
少し残った筆のタッチによって
モヤモヤっと汚れたような感じになって使用感が出ました。

この後の作業としては、
ウェザリングマスターで少し汚しを入れて、チッピングをして、
最後につや消しトップコートをして完成、とする予定です。

2週間くらいで作りたいなと思ってて、もうすでに10日経っちゃったんで
そろそろ決着つけたい感じです。
どんなに遅くても8月中に完成させたいですね。

全体写真しかなくてアレでしたが、完成した時には
ココはこうしましたよっていうのを紹介出来たらなと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ