HGAGE ガンダムAGE-2ノーマルの仮組みが終わったので
合わせ目消しや、気になったところの改修をしています。
200529_01
前腕は合わせ目消しをした後、
肘の裏側にある丸見えになっているピン、ダボを0.3ミリのプラ板で隠しました。
そのままだとダボが邪魔でプラ板がぴったり収まらないので
干渉箇所を必要なだけ削ってあります。
ここは外装の白とは色分けするつもりなので塗装後に接着します。

200529_03
前腕のハンドパーツを差し込むポリキャップが露出する構造なので、
200529_04
0.3ミリのプラ板を貼って隠しました。
プラ板を流し込みのMr.セメントSで接着した後、
瞬間接着パテで隙間を埋めました。
よく見ると面取り具合が全然整ってないんだけど、
あまり見える箇所ではないからこれでも良いかなーと🙈

200529_02
肩装甲パーツの合わせ目は、表側はモールドに沿って目立たないものになってますが
チラ見えする裏側はちょっとやっかいな具合になっているので、
接着してヤスリをかけやすい箇所だけ合わせ目消しをして
面倒なところは0.5ミリのプラ板で隠しました。
ここも多分色分けするので接着は塗装後にしようと思ってます。

200529_05
足裏は大きく肉抜きがあるのでプラ板で埋めました。
スジ彫り出来る厚みのプラ板を1枚で切り出すには難しい形だったので、
つま先部分と横の部分とで分けて切り出しました。
見た目は悪いけど、基本見えない箇所だからこれでいいかなーと🙉
だったらはじめからやらなくて良いんじゃないかという話もあるんですけど、
というか、いつもはそうしてるんですけど‪
たまには練習と思ってやってみたらこんなことに(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

あとついでに、
きっと四角いスラスターノズルなんだろうなあと思われる箇所は、
ちょっとあっさりしすぎで何か分かりにくいので
削り取ってからコトブキヤのダクトノズルIIに置き換えることにしました。
今はまだ上にぽんと置いてあるだけで、
接着は塗装後で良いかなと思ってます。

ライフルの合わせ目消しはヤスリがけが面倒なので
段落ちモールド化してごまかすのがいつものやり方です。
が、このキットは丸い銃口にまでしっかり合わせ目が出ちゃうので、
さすがに銃口のセンターにそれは無いかなという変なこだわりがあり…
200529_06
銃口部分をノコで切り落とし、そこだけ合わせ目消しをしてから
1ミリの真鍮線を仕込んでライフル本体部分と接続出来るようにしました。

穴を開けただけのところに真鍮線を挿しても安定しないかもと思ったので、
200529_10
中にエポキシパテを詰めて、真鍮線を差し込んだ状態でパテを硬化させました。
200529_07
差し込んで繋いだらこんな感じ。
変に斜めになったりしないで出来ました。
挿しただけだとすぐ抜けちゃうので、最後に瞬着で止めようと思います。

まだこの他にも気になるところがあるのでそれらを処理したら、
彫り直しとかヤスリがけとかの作業に入る予定です。
さっそく既に結構時間かかってますね‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ