機動戦士ガンダムSEED DESTINYより
MG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)を作っていきます。

このキットの発売は2019年09月28日発売で、
まさかMGで発売されるとは思っていなかったので
すごく嬉しかったとこと、増税直前ということもあって
発売日にすぐに買いにいきました。

丁度、MG ガンダム Ver. ONE YEAR WAR 0079を作っていた時で、
これが完成したら次は早速ガナーザクウォーリアだと思っていたんですが
いろいろあって今になってしまいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

という訳で仮組みです。
200127_01
マッチョ体型で素晴らしくカッコイイです。
模型店で組み立てサンプルを見てはいましたが
実際手にとって間近に見てみるとやはり違うものです。
200127_02
立たせる際、背中に取り付ける大型のウィザードシステムの
オルトロス高エネルギー長射程ビーム砲と
エネルギータンクの重量が気になっていましたが
少し腰を前に出す感じに立たせれば大きな問題なく自立出来ました。
もちろん軽いとまでは言えないので、つま先に重りを入れたりすると
もっと安心して立たせられるんじゃないかと思います。
200127_03
ガナーザクウォーリアといえばやはりこの射撃ポーズかと思いますが
なかなか説明書の写真のようなカッコいいポーズには出来ず…。
いろいろいじくり回してみましたが、自分にはこれが限界でした。

右腕は思っていたよりは楽にグリップを握ることが出来ましたが、
左腕でフォアグリップを握るのは結構窮屈な感じでした。
200127_04
ルナマリアが使っていたかどうか覚えてないんですが、
飾っておくにはビーム突撃銃を持たせるのが安全で無難で場所も取らないですね。
腰背面にマウントする為の軸が飛び出っぱなしなのが少々気になりますが、
それを踏まえた上でもカッコ良いなと思いました。

ビームトマホークもクリアパーツがシャープでカッコ良いです。
どちらの武器にもグリップにピンはありませんが、
握り手にピッタリ収まる設計なのでしっかり保持出来ます。
撮ってませんが左の銃持ち手もあるのが嬉しいです。

これまで通り特別なことはしないで作ろうと思いますが、
ひとつひとつのパーツの面構成がかなり複雑な感じなので
ヤスリがけが難しそうな印象です。

面出しエッジ出しなんていって下手にヤスリがけしちゃうと
かえってパーツがグダグダになってしまう可能性が高いので
様子を見ながら慎重に、あまり欲を出さずにやっていこうかと思います(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ