このところ同じような写真が続いてますが
ちょっとずつ完成に近づいています。

MG ガンダム Ver. ONE YEAR WAR 0079の製作、
前回の記事で塗装した白のパーツにスミ入れをしてデカールを貼りました。
191004_01
あわせて、頭部バルカンはイエロー・ホワイト・オレンジを混ぜた色で、
また、両頬のダクトや肩・頬等の装甲の裏側はジャーマングレイで、
頭部・前腕等の段落ちモールドや各所の凹みモールドはライトグレイで筆塗りしました。
(これらはどれもエナメル塗料です)

頭部バルカンははみ出しても平気なようにエナメルを使ったんですけど、
ルーペを使ってゴッドハンドの神ふで スミ入れ筆で塗ったら
まったくはみ出さずに塗れました。
神ふで スミ入れ筆は、本来は塗る用の筆ではないとは思いますけど
今回は細かく非常に小さな面積だったのでちょうど良かったです。

スミ入れにはクドくならないように
エナメル塗料のホワイトに少量のジャーマングレイを混ぜて
明るいグレーを作って流してみました。

割とイメージに近い色にはなったけど、薄い色のせいか
おそらく彫り直したモールドの深さや角度のバラつき具合で
場所によって少し濃く見えたり薄く見えたりするスミ入れになっちゃいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
191004_02
肩のE.F.S.FやWBのデカールはグレーとライトグレーの2種類があり、
かなり迷ってライトグレーにしました。
こういうマーキングは大好きなので、ちょっと薄いかな?目立たないかな?と
思うんですけども、周囲のモールドとガチャガチャしてうるさいよりかは
良いかなという判断ですが…はたしてどうでしょう(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

頭の後ろのカメラは塗り分ける自信がなかったので
組み立ての最後に付属のホイルシールを貼ります。
塗装したメインカメラやツインアイとは質感が変わるけど、
前と後ろ両方を1度に目にすることは無いので良いかなと思います。

この後はデカールを貼った箇所に光沢クリアを吹いて段差を多少緩和させて、
頭部バルカンの銃口内部を影色で塗って、
最後に仕上げのつや消しクリアを吹いたら出来上がりなので、
次は完成記事になる予定です、トラブルがなければ(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ