ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

2020年04月

なんでだろう、まだMG ガナーザクウォーリアを作っています。
とりあえず塗装が全て終わり、
スミ入れやエナメル塗料での筆塗り部分塗装も完了しました。
200429_01
全体を組み上げると無傷での分解が不安だったので
大丈夫そうなところだけ組んで確認しました。
200429_02
ピンクや赤部分にはエナメル塗料のクリアレッドでスミ入れ。
白部分にはタミヤのスミ入れ塗料のグレイ。
太めの凹み箇所はエナメル塗料のジャーマングレイを筆塗りしました。
200429_03
シールド裏面の白とブルーグレーの境界のスミ入れは
タミヤのスミ入れ塗料のブラックで。
金属色はエナメル塗料のチタンシルバーです。

今はデカールを貼っているところで、
それが終わればデカール部分に光沢クリアを吹いた後
全体につや消しクリアを吹いて完成となります。
4月中には完成だと思ってたけど、全然ダメでした‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬

スミ入れは拭き取り残しが無いように神経を使うのでしんどいし、
パーツをじっくり観察するから残念な箇所が沢山目につくから
やっていてすごく辛いです🙉
最後のススス(つや消しスーパースムースクリアー)が
どれだけアラを隠してくれるか…🙈

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


MG ガナーザクウォーリアの製作、バックパックの
ウィザードシステム以外の本体の基本塗装が
8割くらい終わったので、全部ではないですけど
一旦組んで大体の様子を見てみました。
200401_01
こんな感じ。
200401_02
後ろはこんな感じ。
彫り直したモールドの仕上がりが不安だったけど
あくまで自分クオリティですが特に問題なさそうで安心しました。
200127_01
ちなみに塗装前の仮組み時はこんなでした。
成型色は赤!って感じですね。

ルナマリアのザクは劇中イメージではピンクだったので
だけどそのまんまのピンクだとあんまり強そうじゃないので、
渋さのあるAT-21 ローズピンクをメインカラーにしました。 
200401_03
ピンク、赤、薄紫の下地はサーフェイサーEVOホワイトにしました。
赤系の下地は何色が良いか、という話はいろいろあるみたいですけど、
マスクド13が「ガイアの塗料は基本白下地を想定しています」
みたいなことを言っているのを聞いたので。

そのおかげかピンクを発色させるのはすごく楽でした。
が、胴体に使ったVO-07 ローズディープレッド
クリアカラー成分が入っているっぽくて
そのせいで吹き重ねる度にどんどん濃くなっていって
塗るのがすごく難しくムラになっちゃいました。
明度が低く、彩度の高い赤なので、隠蔽力は弱めです。 下地にローズブライトレッドを塗って、その上から塗装しますと、手早く本来の発色に仕上げる事が可能です。
とHPに書いてあることを後になって知りました‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬
200401_04
写真はビーム突撃銃ですが
胸や足に使った黒はFG-05 インナーブラックで、
瓶そのままの調色無しで使える
黒だけど単なる真っ黒じゃない色としてとても気に入りました。
自分で色を混ぜると、あれ?明るすぎた?黒すぎた?って
いつも訳分からなくなっちゃうんですよね‪(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ‬ 

いつも作ってる最中はちゃんと上手くいくか不安でしょうがないんですけど、
こうやって1回組んでみてちょっと安心しました。
このまま大きなアクシデントが無ければ、大体イメージ通りの
作りたかったルナマリアのザクが作れるんじゃないかと思います。
という訳で、引き続き塗装作業を進めていきます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


↑このページのトップヘ