ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

2019年05月

HGティエレンタオツーのパーツ処理が一通り終わったので
アクリジョンベースカラーでサフ代わりの下地塗装をしました。
190529_01
白はアクリジョンベースホワイト。
グレーはアクリジョンベースグレーとベースホワイトを1:1で混ぜたもの。

右前腕の合わせ目消しに不具合と、
腰の後ろのプロペラントタンクに消しきれてないヒケがあったので要修正。
他のパーツは大丈夫だったけど、膝関節のクリアランス調整が甘く
膝を曲げたら見事にカリカリっと塗膜が削れちゃったのでここも要修正(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

あと念の為、肘関節のクリアランスをもうちょっとだけ取ったり、
うっかり塗膜に傷つけてしまったパーツが数点あるのでこれも修正、
という具合です。

もう修正作業は終わっているので、それらのパーツにもう一度下地塗装をして
問題が無ければ予約注文している塗料の到着を待って本塗装に入ります。

これまでずっとアクリジョンで塗装してましたけども、
アクリジョンベースカラーを使ったのは今回が初。
発売から3ヶ月?経ってようやく使ってみた訳ですが、
エアブラシで吹くのは基本色よりも扱いにくそうに思ってたけど、
実際はそんなこと全然なくて使いやすくて良いですね。

ベースホワイトはピンクのプラの上に吹き付けた訳ですけども
なかなかピンク味が消えなくて、4回くらいは重ね吹きしました。
もうちょっと隠蔽力があるかなと思ったんですが。
ただ、もしかしたらプラが光に透けてしまっているせいなのかも?
という気もちょっとするので、
一旦ライトグレー等で光を止めてからベースホワイトを吹くのを
そのうち試してみようかなと思ってます。

希釈については最初ラベルに書いてる通りの
塗料1に対してエアブラシ用うすめ液2で吹いてみましたが、
これも悪くなかったんですけど、それより少し濃いめの
塗料3:うすめ液5にした方が良い具合に思いました。
(コンプレッサーはL5・吹き圧0.08、ハンドピースは0.5mm口径)

ちなみにうすめ液は
アクリジョン専用エアブラシ用うすめ液240mlに対して
リターダーとしてアクリジョン専用うすめ液20mlを添加したものを使いました。
アクリジョン特有の、吹いてるとだんだん詰まってくる問題が緩和するように思います。

この割合は、まあこのくらいで良いのかな?っていう
テキトーなもので深い意味は無く、今後変わるかもしれません。
240mlって微妙な数字は何なんだ?って話ですが、
新品の250mlボトルにそのまま20ml入れたらちょっと溢れそうだったので
10ml減らしてから入れたということです(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

ティエレンタオツーの股間パーツのディテールが
おそらく金型の抜きの都合でディテールがおかしな具合になってまして、
気がついてはいたんですがあまり手間をかけたくなくて無視してました。
でもやっぱり気になるので直すことに(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
190513_02
ディテールアップするのはこの股間の中央にある横棒みたいな箇所です。
パーツを取り外して見やすくしてみると、こう。
190527_01
こんな板みたいな形状になってるけど、おそらくここは棒が正解ですよね。
ここをプラ棒を使って棒に直します。
190527_02
まずはノコやBMCタガネやヤスリを使って板みたいな箇所を取り除きました。
190527_03
慎重に位置決めしてピンバイスで直径2ミリの穴を開けました。
2ミリのプラ棒を通すので、筒状にした紙ヤスリを穴の中に通して
若干穴を広げてあります。
190527_04
プラ棒を通してコトブキヤの丸モールドでフタをして完成。
丸モールドは直径2.5ミリのものを使いました。
穴の両側をスピンブレードなどを使って直径2.5ミリで少しだけ彫り込んで
埋め込んでセット出来るようにしてあります。
ハイキューパーツの面取りビットで穴の角の面取りもしました。

手間かけたくないと思ってたけど、やっぱりやって良かったですね。
この記事だとすごくサラッと出来てそうな雰囲気あるけど、
なにしろ未だ初心者なのでこれやるだけでも何時間もかっちゃいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
次こそアクリジョンベースカラーでの下地塗装です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


HG ティエレンタオツーは合わせ目がそこそこあるので
接着して消したりモールド化したりの方法で処理をして、
逆エッジや甘いモールドを彫り直し、
また新規にスジボリをしてモールドを追加しました。
190523_01
逆エッジは特に胸パーツの箇所は、別パーツに見えるように深めに彫りました。
肩、上腕に新規にスジボリしてモールドを追加。
前腕の中央にある合わせ目は瞬着で合わせ目消ししました。

が、思いつきでハンドパーツをビルドハンズ丸型のLサイズのものを取り付けてみたら
接続のボールジョイントの径がわずかに大きくて、そのせいで
前腕の手首側の合わせ目がパキっと割れてしまいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

割れた箇所はMr.セメントSで補修しましたが、
また割れたらイヤなのでLサイズを取り付けるのはナシの方向で…。
見た目はゴッツくて良かったんだけどなあ。
こういうのは仮組みの時にチェック、調整しておかないとダメですね。
今度からボールジョイント接続があるパーツは
プラを溶かす接着剤でガッチリ接着して合わせ目消ししようと思います。
190523_02
太もも中央の合わせ目はBMCダンモを使って段落ちモールドに。
膝横の丸いパーツにも新規でスジボリしてモールドを追加しました。
190523_03
丸いパーツの周囲をぐるっと一周するスジボリは
こんな具合に机の上にパーツとニードルをセットして、
ニードルは固定したままパーツの方をぐるぐると回転させて彫りました。

外すのが大変なので取り付けてない両肩のシールドですが、
接続アームみたいなパーツとかかなり肉抜き穴があるんですけども
処理が大変なのでスルーします(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

このティエレンタオツーはアクリジョンの特色で塗装出来さえすればいい、
くらいのつもりで始めたのに、すでに思ったより時間をかけてしまってるので
ここらで区切りをつけてパーツ洗浄して下地塗装に入ろうと思います多分。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


なかなかまとまった時間がなくて少しずつの作業だったんですが
製作中のHG ティエレンタオツー、各パーツの処理を進めてます。

頭部はサブのモノアイのパーツを挟み込む構造なので後ハメ加工をしました。
090520_01
上の穴から差し込めるように、モノアイレール周囲にあるリブをすべて切り落として
090520_02
こんな感じに。

でも、リブを落とすだけではちょっと入らなかったので
干渉箇所をちょっと削って上手く入るようになりました。
実はちょっと削りすぎたんですが、
多分あまり目立たないので良いことにします(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

合わせ目加工が終わったので頭部は接着して合わせ目消しをしました。
接着後にこのモノアイパーツを差し込んじゃうと
多分二度と外せないと思うので、以降の取り付けは最後の最後に。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


MG ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079のパーツ処理を
やっていたところなんですが、5月末に発売予定の
アクリジョン特色 令和 慶祝カラーの3色を使って1体作りたくなったので
それ用にHG00のティエレンタオツー(ソーマ・ピーリス専用機)の製作を始めました。
なのでガンダムは一旦おやすみです(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ 
190513_01
ティエレンタオツーのパッケージはコチラ。
去年末の再販の時に買って積んでいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

とりあえず仮組みしました。
190513_02
カッコ良いです。
横幅がすごいです(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
190513_03
普通のMSとは随分違ったデザインのせいか、
肩関節や股関節の構造がガンダムやなんかと全然違って不思議な感じでした。
基本的には文句なしに良い感じですけども、
足首が意外と干渉して接地性はいまひとつでしょうか(ಠ .̫.̫ ಠ)

今回はアクリジョン特色で塗装するのが目的なので、
例によってあまり手をかけないでなるべくパパッと作りたいつもりでは、います(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
とりあえず、合わせ目が結構あるので消したりモールドにしたりの処理を進めます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

↑このページのトップヘ