ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

2018年05月

ファイブスター物語より wave 1/144スケール エンゲージSR1が完成しました。
180531_EngageSR1_01
どうでしょうか、こんな感じに仕上がりました。

ファイブスター物語を読んだ事が無いのに、
(プラモ作り始めてから単行本全巻買いました。まだ5巻までしか読んでませんが!)
エンゲージのカッコ良さに一目惚れして勢いでキットを買って作り始めたものの
初心者の自分にはやっぱりすごく難しくて、ずいぶん苦労しました。
コレちゃんと作れるのかな…という不安が最後まであったんですけども
どうにかこうにか完成出来て本当にホッとしましたね。
大変だったけど楽しかったです。
でもやっぱり大変でした(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

それでは、完成したエンゲージSR1の全体のプロポーションをどうぞ。
180531_EngageSR1_02
180531_EngageSR1_03
180531_EngageSR1_04
180531_EngageSR1_05
180531_EngageSR1_06
こんなデザインなので初めはちゃんと立つのか不安でしたが
関節を渋めに調整してやれば思いの外安定して自立してくれます。
ただデリケートなパーツ構造のため、
各部の姿勢調整にはかなり気を使いました((( ꒪﹃ ꒪)))

では、アップの写真や別カットなど貼りつつ説明的なことを。

続きを読む

ファイブスター物語 wave 1/144 エンゲージSR1の製作、
前回の記事で基本塗装完了のはずだったんですけども。

デカールを貼るつもりしてたベイルの真ん中部分、
これ上手いこと貼れるかな、と心配だったので
作ったことがある人にツイッターで聞いてみたら
貼りにくいから塗装の方がいいよ、と教えてもらいました。
なので、やっぱり塗装することに(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
180524_01
で、なんとか完了しました。
今度こそこれで塗装完了です。

前回の記事の段階では真ん中が真っ白で物足りなかったけど
こうやって全部の色が入るとかなりカッコいいですね(ಠ .̫.̫ ಠ)

フチや3本線はゴールド、中の円はミッドナイトブルーで塗装しました。
最初は中の円をブラックで塗装したんですけども、
塗ってから気がついたんですけど、ブラックって
当たり前だけどめっちゃ黒いんですよね、ただただ黒い。
奥行きというか雰囲気というか、そういうのがなかったので
黒に近いけど黒ではないミッドナイトブルーで塗装し直しました。

元々塗装するつもりがなかったので、3本線部分は
モールドの彫り直しをしていなくて境界がちょっと甘めでした。
なので、大きめにマスキングテープを貼ってパーツの上からナイフで
マスキングテープのみを切り出すやり方では不安があり、
細切りにした細切りのテープを貼るやり方でマスキングしました。
境界がちょっとボソっとしちゃったけど、自分としては及第点。
180524_02
塗装が完了しているパーツはスミ入れを進めました。
アクリジョンで塗装した上に何を使ってスミ入れするかをいつも悩むんですが
今回はエナメル塗料を使うことにしました。
180524_03
何色でスミ入れするか決めかねてたんですけども
ブラックではないけどパッキリとした色でスミ入れしたい、ということで
白やパープルのパーツにはシーブルーを選びました。

装甲裏や腹部などの焼鉄色で塗装したパーツはまだスミ入れしてないんですけども、
ここは普通にブラックでいいかな?と思ってます。

スミ入れが終われば次はデカール貼り。
いろんな人が作ったモーターヘッドのプラモやガレキを見ましたが、
ガンプラみたいにコーションデカールを貼ったりはしないみたい?なので
キット付属のデカールのみ貼ることにします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

エンゲージSR1の製作記事は久しぶりすぎて
どこまで書いていたっけ?という感じですが。
作業自体はコツコツと進めていました。
前回の記事はこれ。

wave エンゲージSR1製作2/合わせ目消し、パーツ成型、関節調整

というわけで、モールドを彫り直してアクリジョンで塗装しました。
180520_01
胴体のパーツはこんな雰囲気。
外装の白は全パーツ共通で、下地に透け防止でシルバーを塗ってからホワイトを塗装。
説明書のカラーレシピでは蛍光グリーンとクリアブルーを少量混ぜるとあったけど
ホワイト100%にしました。

腕の付け根?脇?部分は白を塗った後でマスキングして焼鉄色を塗装しました。
腹も焼鉄色、胸の紫はパープル+ホワイトで塗装。
中央の楕円の白は筆塗りで。
ちょっとはみ出してるけどこの後の工程で多分カバー出来るかなと…( ꒪﹃ ꒪)
180520_02
難関と思われた上腕部分。
ポリキャップにガイアマルチプライマーを塗ってから焼鉄色を塗装。
上腕のパーツでポリキャップを挟み込んで合わせ目消し、マスキングして白を塗装。
という流れでしたが、不安だったポリキャップへの塗装もしっかり出来て
マスキングで剥がれることなく概ねうまくいきました。
合わせ目消しがちょっと微妙だったけど、まあ良しとします(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
180520_03
太ももとスネ部分。
太ももはひざ関節挟み込みなので、先に関節を塗ってから
合わせ目消ししてマスキングで白を塗装しました。
白を塗装した後、マスキングして股関節付け根などを塗り分けました。
 続きを読む

突然のスターウォーズプラモですけども。
ゴールデンウィーク中はエンゲージSR1の製作を進めていましたが、
気分転換にチョロっと何かお手軽に作ってみたいなと思って
ビークルモデルのXウイング・スターファイターを買いました。
180507_01
ヨドバシで600円しないくらいでした。
手のひらサイズの箱でパーツ点数も非常に少ないですが
対象年齢は15歳以上とHGガンプラよりも高いのが意外でした。

スターウォーズはあまりよく知らなくて、
つい最近になってep4、5、6、1、2を見たところです。
スターウォーズのプラモについては、評判が良いらしいので
前から結構気になってたんですよね。

仮組み写真とか無しでいきなり完成の写真です。
180507_X-WING
 機銃?のストライプのシールを貼る場所を間違えました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

ニッパーとデザインナイフでゲートを処理して、
アクリジョンで窓枠・スラスターを筆塗りで塗装しました。
窓はエナメル塗料で塗って、はみ出たところは
エナメル溶剤を含ませた綿棒で拭き取り。
塗装が乾いたらスミ入れとウェザリングを兼ねて
ウェザリングカラーのマルチブラックを少し薄めて
全体にビャーっと筆で塗りつけ、半乾きくらいのタイミングで
前から後ろ方向に向かって綿棒で拭き取り。
乾燥したら付属のシールを貼って、つや消しスプレーを吹いて完成です。
超お手軽に作りましたがなかなかの仕上がりで結構楽しめました。

シール部分でせっかくの緻密なモールドがかなり隠れてしまったので
機首部分?本体?だけでもシールではなく塗装にすればもっと良かったかも。

あと、既存のモールドが浅めだったために
R2-D2の頭がつんつるてんになっちゃったのがちょっと残念でした(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

今回初めてビークルモデルのプラモを作りましたが、
思ったよりも満足感があったのでまた気が向いたら作ってみたいですね。
スターウォーズのプラモは1/72スケールのものとか
キャラのプラモもかなりカッコ良さそうなので結構気になってます。
AT-STなんてガンプラにはまず無いデザインですからね、ものすごく楽しそう(ಠ .̫.̫ ಠ)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

↑このページのトップヘ