ずっとガンプラ

ガンプラやその他プラモの製作・完成記事と模型関係の話。 2016年4月からプラモを始めました。初心者目線のブログです。

2017年09月

前回塗装したパーツの手直しをしつつ、少しずつだけど塗装作業進めてます。

外装パーツ、フレームパーツの基本色を塗装し終わったので
一旦胴体のパーツを一部ではあるけども軽く組み立てて様子見。
170930_01
色の組み合わせは悪くないんじゃないかなーと思うけどどうでしょう?

フレームはジャーマングレーで塗装しました。
アクリジョンのジャーマングレーってやたら黒い気がするんだけど
なんでなんですかね( ꒪﹃ ꒪)

で、昨日はバックパックやテイルブレードの先端の塗り分けをしたんですけど、
マスキングテープを剥がしてみたら、
バックパックのパーツの何箇所かチョロッと色が漏れちゃってました。

今まで、これで大丈夫かなー?不安だなー、と思いつつ塗装してきて
それで案外上手くいってたんで今回も大丈夫だろうなと思ったのだけど、
ちょっとマスキングを甘く見てましたね(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

次回の塗装予定としては、バックパック塗り分けの手直しと、
レクスネイルの黄色、ライトグレーの外装パーツのパネル塗り分け…
くらいまで出来たらいいけど、外装の塗り分けはマスキングに時間かかるから
仕事のある日は1日では出来なさそうかな。

あとそうだ、一旦全部のパーツを塗装したなと思ってたんだけど
武器の巨大メイスはまったく手付かずでした忘れてました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
メイスは何色で塗ろうかなー。
170803_02
バルバトスオリジナルの配色と比べると、随分雰囲気が違ってて
おもしろい感じに出来上がってくれるんじゃないかなーと楽しみです。 
もうちょっと塗装工程が進んだら、また少し組み立てて様子見してみようと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


先日からようやくバルバトスルプスレクスの塗装を開始しました。
170803_01
これは塗装前の姿。

バルバトスはガンダム定番のトリコロールカラー+黄色ですけども
今回は違う配色にしてみようかなと思っていろいろ考えて、
「ガンダム感を残しつつ、兵器らしさがある配色にしたいな」
「あと、すみれ色を使ってみたいなって前から思ってたんだよな」
「あ!じゃあG-3ガンダムを配色の元ネタにしよう」
みたいな感じに決めました。

ただバルバトスルプスレクスとRX-78のガンダムとは形がかなり違うから、
そのままG-3っぽい感じに色を置き換えていくのは出来なさそうなので
どこをどの色にしていくかというのを結構迷いました。
頭の中で配色をイメージするのって難しいですよね。

で、昨日、外装のメインになる3色を塗装して、
頭の中でまだぼんやりイメージしてた配色が少しだけ見えてきました。
170927_01
写真は一部のパーツだけですけども
白→エアクラフトグレー+白(5:2)
青と赤→すみれ色
黄色と顎と鉄華団マーク→グレーバイオレット
で、手の爪だけは黄色にしようかなと。

最初は黄色は全部黄色のままでいいかなー、と思ってたんですけど
重みのある色にした方が強そうな気がして直前になって変更しました。

フレームの色をまだハッキリとは決めかねてるのと、
あとまあ実際に組み立ててみないとというのはあるのだけど
なかなか良い配色になりそうだなという気がしてます、今のところ。
あ、あと尻尾の先の色もまだ迷ってます(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

しっかし、テカテカつやつやの綺麗な塗膜を作れたパーツと、
ちょっとブツブツになっちゃったなというパーツとがあって
その辺りは相変わらずまだまだだなあ、という感じですね((( ꒪﹃ ꒪)))

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

 

実物大ユニコーンガンダム立像の展示開始の前日、
9月23日19時から開催されたスペシャルセレモニーの様子を
ガンダムFCのライブ配信で視聴しました。

ガンダムFCのライブ配信を観るのはこれが初めてだったのだけど
視聴しながらコメントすると、参加証明証というのを発行してくれるんですね。
証明証といっても実際に何か送られてくるとかではなくて、
ガンダムFCアプリ内のマイページでその画面を閲覧するだけなんですが。

だけどこれがなかなかカッコよいものだったので、お!って感じでした。
(ここに証明証画像を貼っていたのですが、
転載は控えてくださいとのこと。すいませんでした。)
証明証がカッコいいっていうか、ユニコーンがカッコいいだけか(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

11月に相方がまた用事で千葉まで行くことになったので、せっかくの機会だから
ガンダムベース限定RGユニコーンガンダムVer. TWCと、
トレーラーショップで販売してるというユニコーンガンダム立像のパンフレットを
買ってきてもらっちゃおう( ΄◞ิ .̫.̫ ◟ิ‵)ドゥフフ...と、思ってます。

今、積んでるガンプラが11個あって
正直ちょっとヤバイなとは思ってるんですけども((( ꒪﹃ ꒪)))

話は変わりまして、今制作中のガンプラですけども。
途中で止めていたHGIBO バルバトスルプスレクスの塗装を始めたんですが、
まだ外装のメイン色を塗ったり下地を塗ったりした程度なので
もうちょっと進めたら記事にしようかなと思ってます。

4月に完成させたルプスはほぼオリジナルカラー(設定色)で作ったので、
今回は参考にした元ネタはありますけどもアレンジカラーで塗装します。

よく自分で配色を決めたものを「オリジナルカラー」 って言いますけど、
どう考えても公式設定の方がオリジナルですからね。
自分も気がつかずに間違って使ってました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ


この間ガンダムベースで買ってきた
プチッガイシルバースパークル&プラカードを相方が作りました。
HGPG_PETIT'GGUY_01
プラカード真っ白ですが(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

相方はこれが初めてのガンプラ、初めてのプラモデル。
初めてがメッキのキットとかかなり攻めてますね(ಠ .̫.̫ ಠ)

関係ないですけど、付き合ってる時も相方、結婚してからも相方、
ずっと相方って言ってるんですよね。
彼女とか妻とか嫁とか、どうもしっくり来なくて。
パートナーを相方と呼んでるやつは大抵あたまがおかしい、みたいな
ツイートがたくさんRTされてるのを見たけど、大体あってると思います(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

ガンダムベースではプチッガイはシルバーしか買わなかったのだけど、
相方にプラモの作り方などを説明するために、後日ヨドバシで
自分用にソーダポップブルー&アイスキャンディーの
プチッガイを買ってきて一緒に作りました。
自宅でプラモ製作会みたいな感じですね。
HGPG_PETIT'GGUY_02
並べるとより一層、自分もゴールドのを買っておけば良かったなと((( ꒪﹃ ꒪)))

メッキのキットなのでヤスリはかけられないから
ニッパーとデザインナイフでゲート処理をして作りました。

メッキの中の成型色は黒のような濃い暗い色でした。
太くて目立つゲート跡はガンダムマーカーのシルバータッチアップしましたが
質感は全然違うから、そのままにするよりかは良いかな?という感じですかね。
小さいゲート跡はそのままでいいのかも。
このゲート跡は塗ろうかな、塗らないかな、と相方は結構迷いながら作ってました。

自分のソーダブルーのプチッガイもヤスリを使わず同じやり方で作ったのだけど、
いつもは必ずヤスリを使ってゲート処理していたから、
デザインナイフだけでゲート跡を処理するのは自分も結構練習になりましたね。

続きを読む

8月31日にガンダムベースに行ってきました。
自分は北海道在住で、普段旅行とか全然行かないんですけども
他の用事との兼ね合いでちょうど良いタイミングだったので思い切って。

いやあ、ガンダムベース、実にすばらしいところでした。
ブログ用に写真を結構撮るつもりでいたんだけど、楽しすぎて全然撮れてません(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
ま、とりあえず書いてみましょう。

自分は東京って、羽田で降りて新幹線乗る、くらいでしか行ったことなくて、
なのでお台場ってところも今回が初めてでした。
東京テレポート駅で降りてダイバーシティに行ったんですけども
駅から出たらユニコーンの頭とか見えるのかなー、
なんて思ってワクワクしてたんですね。
そしたら全然見えないんですね。
えー?コレがダイバーシティでしょ?じゃあユニコーンどこよ?ってなりました。
建物の反対側でした(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ 

そんなわけで、楽しみにしていた実物大ユニコーンガンダム立像をまずは見ましたよ。
170907_01
はー、むちゃんこカッコいい。
まだ未完成だけど、9割は完成してるのかな。
足はまだ完全に鉄骨むき出しで、
残念ながら点灯テストや可動テストはしていないタイミングでした。

実物大ガンダム立像はこの目で見ることなく撤去になったので
非常に惜しいことをしたなと後悔してたんですけども
未完成とはいえユニコーンはこうして見ることが出来たから良かったです。
170907_02
エッジの具合がたまらんですね。
170907_03
あの世界ではこのサイズの物体が何体も動くんですね。
バナージたちが地球から宇宙に出る前、
ユニコーンとバンシィが飛行機?の上に立って戦いますよね。
じゃあコレが上に2体立つあの飛行機のデカさってどんなだ?
みたいな想像したり、ずーっと見てても飽きそうにない感じでした。

いつまでも見てる訳にも行かないので、
次は限定ガンプラを買いにいよいよガンダムベースへ。

続きを読む

↑このページのトップヘ