Mr.ウェザリングカラーフィルタリキッドのお試し用に作っていた
HGIBO 百錬が完成しました。

お試しとはいえ、結構失敗してしまいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
HGIBO_HYAKUREN_01
ダクトやバーニアなどほんの少しだけ部分塗装をして
一度つや消しトップコートを吹いてから、
フィルタリキッド(シェードブルー)にウェザリングカラー(グランドブラウン)を
少し混ぜて、専用うすめ液で薄めたものを全体に筆で塗りつけました。
(白と明るいブルーのパーツには色が濃いと感じたので、塗ってから拭き取りました)

乾いた後、今度はグランドブラウンを多めに混ぜたものでスミ入れし、
ハミでた箇所は拭き取るというよりは
周りにボカす感じ・汚して伸ばすような感じにしました。
ピンウォッシュっていうのをやりたかったんだけど、
なんかよく分かりませんでした(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

それも乾いたら、
パーツのエッジ部分に鉛筆で塗装の剥がれ・擦れのようなものを描きこんでから
最後にもう一回つや消しトップコートを吹いて完成、という感じです。

部分塗装もトップコートも今回初めてアクリジョンを使ったのだけど、
エアブラシで吹くのがとても難しくて、いろいろやってる内に気がつけば
トップコートを吹きすぎてパーツが白っぽくなっちゃいました(((( ꒪﹃ ꒪))))ゴーン
HGIBO_HYAKUREN_02
フィルタリキッドを使ってフィルタリング(もどき?)をしているけど
基本的には成型色仕上げということになるんだと思います。

HGIBO_HYAKUREN_03
シールの上からフィルタリキッドを塗っても平気なのか知りたかったので
肩と胸の黄色は部分塗装をしないで付属のシールを使いました。
トップコートの保護のおかげか、とりあえず今回は大丈夫そうな感じでした。
目は最後の最後にシールを貼ったのでフィルタリキッドは塗っていません。
HGIBO_HYAKUREN_04
デカールの上にフィルタリキッドを塗ってもいいのか知りたかったから
脚の一箇所だけに貼って試してみました。
トップコートを吹いてからフィルタリキッドを塗ってます。
デカールの段差部分に変にフィルタリキッドが残ったりすることなく
自然にススけた感じになりました。
HGIBO_HYAKUREN_05
稼働を滑らかにするために部分的にグリスを塗ったのだけど、
指にグリスがついてしまってることに気がつかないでパーツを触ってしまって
その部分だけ質感が他と変わってしまいました(右のサイドアーマー部分)。

拭いてもどうにもならないっぽいので、これは絶対やっちゃイカンやつです。
気をつけましょう( ꒪﹃ ꒪)
HGIBO_HYAKUREN_06
父親から使ってないミラーレス一眼を借りて撮影したのだけど、
むちゃくちゃ綺麗に撮れるんでびっくりしました。
まだ全然使い方わかってないのだけど、
この間のバルバトスルプスと同じ環境で撮影してこんな感じに撮れました。
全然キメの細かさ・シャープさが違うのね(((( ꒪﹃ ꒪))))

仮組みの時は↓こんな感じでした。

製作中のゲルググ
はフィルタリキッドを使ってみようと思ってて、
その為のお試しとして積んでた百錬を作ったのだけど、それよりも
アクリジョンのエアブラシ塗装(ほとんどトップコートしかしてないけど)の壁が
予想以上に高くて、いやーこれゲルググ大丈夫かな?って心配になってます。
トップコートだけは水性ホビーを使うのもありかもしれないなあ( ꒪﹃ ꒪)

フィルタリキッドはまだイマイチよく分かってないのだけど
もうちょっと使って慣れてきたら、
簡単仕上げでも雰囲気を持ったカッコいいガンプラが作れそうだなと思いました。
匂いもキツくないし、いいですね(ಠ .̫.̫ ಠ)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ