HGAGE ガンダムAGE-1ノーマルの製作、
エアブラシによる塗装が終わったのでスミ入れをしてデカールを貼りました。
190204_01
デカールを自作したシールドはこんな感じに。
190204_02
フロントスカートにも。
ハイキューパーツのクリアデカールTH ハガキサイズを使って自作しました。
190204_03
青いパーツにはクリアブルーでスミ入れ。
190204_04
ピンクにはクリアレッドで。
190204_05
白いパーツにはライトグレーとジャーマングレーを混ぜてスミ入れしました。

パネル分割線のモールドとは違う短い「-」みたいなモールドは
スミ入れとは違ってシャバシャバに薄めていない塗料でしっかりと塗りつぶして
メリハリが出るようにしています。

そういえば今回、膝の黒い箇所の塗り分けなんですが
付属のホイルシールを使ってマスキングをしました。
マスキングテープとは違うので剥がす時少し心配だったんですけど
全然問題なく綺麗に仕上がりました、よかったです(ಠ .̫.̫ ಠ)

コーション系デカールはいつものハイキューパーツのコーションデカールのほか、
鋼魂 ディティールアップデカール グレー(AW-051)を今回初めて使いました。
薄いし文字周辺の余白が少ないし、水に浸して台紙から剥がせるようになるまでの
時間がすごく短かったのですごく使いやすかったです。
190204_06
肩やスカート裏などのチラっと裏側が見えそうなパーツは
いつもすべてエナメル塗料を使って塗りつぶしています。
色はテキトーにジャーマングレー+フラットブラックとかハルレッドとか、
つや消しで暗い色なら何でもアリみたいな。

塗り易い程度にほんの少しだけ溶剤を足す程度のこってり濃度でささっと塗るだけ。
はみ出た箇所は溶剤をつけたフィニッシュマスターや綿棒で丁寧に拭き取り。
筆ムラとか気にしないで大丈夫です、基本見えない箇所なので。
とにかくチラっと見えた時に影色になっていることが大事。
HGIBO_BarbatosLupusRex_03
180221_HG_PoweredGmCardigan_05
180806_HG_GrimoireRedBeret_09
肩やスカートの裏側が暗くなってるのが分かるでしょうか。
バルバトスは足首装甲の裏やふくらはぎの裏も塗ってます。 
影色を塗っているおかげでしっかり暗〜くなって
そのおかげで引き締まってほんの少しカッコ良く見えてくれます。

部分塗装などの成型色を活かした仕上げの場合でも簡単にできるのでオススメ。
ほとんど溶剤を使わないのでプラが割れることはほぼ無いですが、
念のためパーツを分解して塗る方が良いと思います。

この後は仕上げのトップコートを吹いて完成の予定です。
いつもですけどもこのくらいになると
最後ちゃんとカッコよくなってくれるかドキドキしてきます(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ