FAG(フレームアームズ・ガール)轟雷の製作、
ヤスリがけやモールド彫り直し処理が終わり、昨日パーツ洗浄をしたところです。

洗浄前に一旦全体を組んで、見える箇所・見えない箇所の確認をしておきました。
多分大丈夫なはず(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
181204_01
改修・改造はしていませんので、仮組み時とほぼ一緒ですが。

ガンプラを立たせる時は腕をこんな風にはしたことなかったですが
腕で表情をつけてあげると雰囲気が出るんだなと思いました(ಠ .̫.̫ ಠ)

前腕の合わせ目を消した際、モールドを削り飛ばしちゃってたので
プラ材を貼り付けてそれっぽくしておきました。
元のデザインとは全然違いますけども、
同じように復元するのは技術的に自信がなかったのでこんな感じで…。
以前、何かに使おうと思って結局使ってなかった
エバーグリーンの薄い細いプラ材を使いました。
181204_02
腰の箱のようなところのモールドもヤスリがけの時に削り飛ばしちゃったので
ここもプラ材を貼り付けました。
これまた元のデザインとはちょっと違います…。
タミヤのプラ板の薄いのをデザインナイフで切り出して貼ったので、
前腕に貼ったやつよりも1片の大きさがマチマチ(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ
…別に真っ平らのままでも良かったかも( ꒪﹃ ꒪)? 

とりあえず、こんな風にプラ材を貼り付けたのは初めてなんですけど、
接着剤をつけるのが難しかったです((( ꒪﹃ ꒪)))
流し込み接着剤をチョンッてやったんですけど、なんかハミ出しちゃって…。
なので、ちょっとその箇所をヤスリがけする羽目になっちゃって、
平面出すためにわざわざ削り飛ばしたのになあ、なんて事になっちゃいました(๐ ́꒪̐ꈊ͒꒪̐)ꐳ

挟み込んである膝の関節だけは、合わせ目消しの都合上すでに塗装してあります。
181204_03
バックパックとキャノン砲?を接続するパーツには
肉抜きがあったのでエポキシパテで埋めました。

仮組みの時に肩と手首のユルさが気になってたんですけども、
結局良い解決法がわからずそのまま…。
なので、自分の轟雷はせっかくカッコ良いフリースタイルバズーカを
構えることは出来ない感じです。
181204_04
代わりに持たせる武器としてコトブキヤのM.S.G モデリングサポートグッズの
MW-24 ハンドガンを買ってみました。
FAG 轟雷に持たせるにはハンドガンとしてはかなり大きいですけども
造形は非常にカッコいいと思います。 
スライドが動く仕組みになってて凝ってますね(ಠ .̫.̫ ಠ) 

写真を撮ったあと、このハンドガンも軽くヤスリがけしました。
塗装はいつも通りアクリジョンで行います。
肌のパーツだけは成型色を活かしてトップコートのみにします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ